【テニス歴20年が勧める!】初心者がボレーを綺麗に打つ3つの方法と具体的な練習方法

テニス暦20年のkwkです。

ストロークは上手に打てるけど、ボレーはどうしても苦手と悩んでいる人は多いです。

私も長年悩んできましたが、今はそれなりに狙って打てるようになりました。

いろんなことを教わって、試したみた結果をブログにまとめます。

初心者も上級者もボレーが上手に打てると、試合で勝てたりプレーの幅が広がります。

このブログで上達のきっかけを掴まれば幸いです。

1、ボレーは当てるだけって本当!?

一般的にボレーは当てるだけと言われますが、プロの選手を動きを見るとボレーでラケットは動いているように見えます。

動いているように見えるけど、当てるだけと言う人もいるし……一体どっちなんだろう?

と悩む人に、お答えします。

ボレーはスイングします。

理由は後述します。

2、ボレーの手首、ラケットセット、スイング、ボールの結果

順番に解説していきます。

2,1 ラケットの面の向き、手首の形

これが良くないと、いくらスイングが良くてもボールのコントロールは良くなりません。

ラケットの面は、体の向きが打球方向に対して斜め45度、その時初ラケット面が狙っている方向に面が向いている状態です。

グリップが厚めの方は、グリップを薄くするか、少し手首の固め方を猫パンチする形に変えましょう。

ラケットはラケットの頭とグリップの角度が斜め、ラケット面が若干上向きを作ります。

この形で力を入れてラケットを支えていて、ラケット面の真ん中にあたればボールはそこそこ飛びます

ボレーで失敗してしまう人の原因は、ボールを飛ばそうとして、手首や腕の形を無理やり変えてしまうことです。

まずはこのラケットセット、手首の形を打球前打球後も保つように心がけましょう。

2,2 ボールに対してのラケットセットの位置

ラケットはボールが来たら、ボールの通り道にすぐにセットしましょう。

ボールがネットよりも低いところで打球するのに、セットが顔の高さをしてから打球する人は珍しくありません。

原因は、フォームを意識しすぎているように思います。

前述しましたが、ラケットの面の向きが良くて、面の真ん中にあたればボールはそこそこ飛びます。

だから、まずは素早くボールの通り道におけば、面の真ん中に当たります。

これで失敗するケースは格段に減ります。

ボレー失敗の原因の大半は、ボールが飛ばないことです。

飛ばない原因は、ラケット面の形が良くないか、面の真ん中に当たり損なうかのどちらです。

これで解消されます。

2,3 スイングする

さぁ前述する2つのことが出来て、これからスイングを解説します。

ボールがそれなりに飛ぶようになってきたら、今度はボールの飛びをコントロールします。

そのためにスイングをしますが、大前提として、

2,1で解説した『ラケットセット、手首の形を打球前打球後も保つ』ことです。

では、手首の形を保ってスイングするためには肩を支点として腕を動かします。

肩を支点とするためには、肘を脇と離して、そこから脇を閉めるように動かしていきます。

そうすると自然とラケットが高い所から低い所に移動するので、ボールに対して逆回転がかかります。

逆回転をスライスやアンダースピンなどと言いますが、この回転によりボールの飛びと打球の軌道をコントロールしやすくなります。

ちなみに両手バックボレーはフォアハンドボレーと同じ動作、

片手バックボレーは肘を体の前に持っていけるので、両腕を離すように動かし、肩甲骨まで動かすことでスイングしていきます。

3、実際の練習法

さて、ラケットのスイングやセットの仕方を説明してきましたが、実際はどんな練習法をするかを紹介します。

ここでは本当にボレーが苦手な人(ラケットの真ん中に当たらない、ボールが飛ばない)という人向けです。

上の項目でいえば、2,2までです。

出来れば柔らかいカラーボールのほうがコントロールしやすいです。

  1. 一人でボールつき、上、ノーバウンド、フォア面バック面交互など
  2. 二人でボールつき、ネット挟まない、相手からボールを受け取る際に自分のラケットで2回ついたら相手にパス、距離は2mぐらい、フォア面バック面交互など
  3. 2を1回ついたら相手にパス
  4. 2をそのまま相手にパス
  5. 4をネット挟んでパス、打球後ラケットは身体の正面にセットし、ラケットの形は2,1で待っている。

これでボレーの基礎練習は終了です。

理由を解説すると、

1、手首、ラケット面を固定する感覚を身につける

2~4、相手から来たボールを通り道にセットすることでラケットの真ん中に当てる

5、2,1の形で実践してみる

です。

この順序を踏めば、苦手な人もまずはラケットに当たり、ボールがそこそこ飛ばせられるようになります。

4、軽いラケットのほうが楽

まずは紹介した形で試してみてください。

しかし、この方法を実施しようとしてもなかなかうまくいかない人がいます。

特に2で説明した部分が出来ない人、それはラケットが重い、飛ばないことが原因です。

重たいラケットは手首の形を保つことが疲れるので難しく、操作しづらいのでどうしてもボールの通り道に置くのが遅れてしまいます。

腕を振るのも一苦労、特に女性は男性より非力なため、肘と脇を離してセットするのも大変です。

だから試してみて、それでもダメならぜひ軽いラケットで挑戦してください。

友人やスクールでレンタルするのも良いです。

目安は今よりも20gぐらい軽いものです。

ラケットをお持ちでない方は、女性は260g、男性は280g前後がお勧めです。

ぜひ調べてみてください!

テニス用品を買うなら【テニス365】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です