【家庭円満の秘訣】娘に妻の良いところを伝え続ける!?

一昨日、台風の影響で早めに仕事が終わり、妻に連絡。

私『これから帰ります』

妻『気をつけてね』

妻『18時にJR止まるらしいけど、大丈夫?』

私『もう電車、18時27分に着く』

妻『駅に迎えに行こうか』

私『(全力で)お願いします!!!』

素晴らしい妻です。毎日感謝してます。

 

こんな良き家庭(自画自賛w)を築けているのは、

それは子どもに妻の良いところを伝え続けていることです。

その理由と具体的な事例をいくつか紹介してまいります。

1、妻に感謝の気持ち、子育ては超大変だと思う

そんな素晴らしい妻ですが、

娘への接し方は厳しい中に優しさがあります。

私自身は、優しい中にも厳しさがあるように接することを意識しています。

私とは若干考えが違うので、妻の娘への接し方はあまり良いとは思ってはいません。

妻も私の接し方は良いと思っていないと思います。

ですが直接それを伝えるようにはしません。

それは、妻の方が100倍以上、私よりも娘と一緒の時間が長いからです。

妻は1週間のうち一人になる時間がなく、必ず娘と過ごしています。

朝起きて仕事に行き、娘を保育園に預ける。

仕事が終わり、保育園に迎えに行く。

旦那は仕事が遅く家に帰ってくるのは、日をまたいでから。

妻は自分が仕事休みの日も娘と24時間一緒です。

対する私は、

朝から晩まで仕事で、娘と話す時間はお休みの日ぐらいです。

だから、妻の本当の大変さはわからないです。

そんな妻の大変さが分からない状況で、偉そうに指摘することは出来ないです。

でもお互いの思っていることを何か伝えるとしたら、やってもらっていることの感謝を伝えることと思い、実践しています。

そして、もう一つは自分が妻に伝えたい娘の接し方を

私が娘に実践し、娘が変わり、妻がそれを私に対して聞くことが望ましいと思っています。

もし私の接し方が良ければ、妻から質問してくると思います。

その時、初めて直接伝えようと思っています。

(今まで聞かれたことはありませんので、もっと頑張ります泣)

妻の苦労は想像を絶する大変さだと、思うので、余裕がない時に無理に伝えるのではなく、

日頃の感謝を伝えることで、少しでも疲労が軽減され、余裕が生まれることを願っています。

【実録】3歳児と初めて電車に乗ってみた。妻の苦労がさらに身に染みたのと、色んな人に優しくされた

2018.09.27

2、具体的にどうやってやる?娘に伝えれば恥ずかしくない!

直接伝えることは中々恥ずかしいです。

私も恥ずかしくて躊躇するときが多々あります。

ですが、娘に「ママって凄いんだよ」と言うことはそれほど難しくないですよね。

例えば、

妻が娘をお風呂に入れて、

「ママにお風呂入れてもらって良かったね。ちゃんとありがとう言った?」

とか、

ご飯を作ってくれたら、

「ママがご飯作ってくれたんだよ。美味しいね」

です。

この結果か、娘も妻に「ありがとう」を言うようになってきました。

風邪ひいた娘と1日過ごしたら、妻への感謝が増した

2018.06.15

3、子どもの前でパートナーへの不満を絶対に言わない

こんなことを考えて行動していますが、どうしても疲れているとパートナーの不満や悪いところを言ってみたくなります。

ですが一度言ったら最後です。

一度言ってしまったら今後も継続して不満を口にしてしまうことと、

それをどこかで聞いた妻の不満が溜まるだけです。

だから、私も妻もお互いの不満は必ず娘に言わないようにしています。

こうしようと特に決めたわけではなく、お互い自然とそうなっていきました。

良かったら皆様も子供に妻の良いところを伝えること、やってみてください!

妻へラブレターを書いてみた。顔から火が出るほど恥ずかしいとはこういうことか。

2018.05.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です