【パパに送る】3歳児と旅行するときの3つ注意点

家族で旅行に行きました。

初めて泊まりの旅行でしたが、いつもの娘と違い戸惑いがありました。

『子どもなんだから当たり前』と終わってみれば思いましたが

旅行中は中々大変です

子どもと旅行するとき3つ注意点をまとめてみましたので、

ぜひパパに読んでもらい、心と体の準備をして、子どもとの時間を楽しんでください!

1、テンションが上がり、とにかく動き回る

とにかく動き回ります。親の言うことを聞きません。

「パパー、見てみて」と私の手を取り、連れて行きます。

子どもがじーっと見ていたものを、

私が「そろそろ行くよー」と言っても聞きません。

動かないならまだしも、しまい嫌では泣き出します。

子どもはいつもと違う環境で、見るものぜんぶ新しいので、何にでも興味が湧いてきます。

解決策は、以前ブログに書いた【事前に約束すること】

【実行率70%!】子供に言うことを聞かせる方法は事前に約束をすること

2018.09.13

携帯のアラームをセットし「これが鳴ったら次行くよー」と約束し、

鳴ったら聞かせて説得するようにしました。

ただ、いつもよりもテンションが高いからか、なかなか動きたがりませんでした。

2、お菓子を食べるとご飯を食べなくなる

旅行に行くと、途中で色んな食べ物に出会います。

今回は車で行ったのですが、サービスエリアでまずは引っ掛かります。

「アイス、アイス」と言ってアイスをねだります。

車の中でも事前に買ったお菓子を「たべたいのー!」と言って大声で訴えます。

その結果、ご飯をあまり食べません。

せっかく美味しいディナーを一緒に楽しみたくても、子どもはほとんど食べませんでした。

しかもテンションが上がっているので、「食べて」と言っても嫌がり、泣き出します。

子どもにお菓子と美味しいディナーの別腹はないので、どちらかは諦めたほうが良いでしょう。

3、睡眠時間の確保、夕飯お風呂後はすぐに寝るべし

温泉に入ってゆっくり休んでとしていたら寝るのはどんどん遅くなります。

子どもと一緒に行ったら早めに寝ることをお勧めします。

なぜなら朝食バイキングも朝早いことが多く、睡眠時間が大人とおなじように6~8時間では、

子どもにとって短く、起きるのにぐずり、ご飯を食べるときもぐずります。

私も、早く電気を消して、眠れば良かったと後悔しました。

4、子どもと旅行に行くときは、子どもとの時間を楽しもう

初めての家族旅行に行き、自分のこの旅の楽しみ方が間違っていました。

色々なものを見聞きすることも大切ですが、

子どもとゆったり時間を過ごすことが最も大切でした。

大人のようにスケジュールを決めるのではなく、興味があることに時間をつかい、

子どもと一緒にその場所を楽しむ気持ちがもっとあれば、もっと有意義な時間が過ごせたので、

次からはそうします。

自分の言うことを聞かない子どもに腹を立てず、子どものペースに合わせながら、

どんなことに興味を抱き、どんなところに心を奪われるのかを一緒に楽しめるよう、このブログを書きました。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です