ウインブルドン2018開幕!R・フェデラー選手がユニクロ契約に!

本日からテニス四大大会の一つ全英オープン、通称ウインブルドンが開幕しました。

特徴は二つ。

一つは、コートが芝であること。

f:id:kwk05e3048:20180703004901j:image

もう一つは、全身白いウェアが義務付けられていること。

f:id:kwk05e3048:20180703005240j:image

この二つからウインブルドンは最も格式の高いテニス大会と言われています。

そしてタイトルの通り、大ニュースです!

男子テニスシングルス世界ランキング1位のR・フェデラー選手がUNIQLOと契約を結び、

今大会からあのマークのウェアで試合に出場しています!

この驚きを今記事にまとめ、

ワールドカップも良いけどテニスも観てみようかなと思ってくれると幸いです。

目次

1.  最長試合記録3日間⁉︎サーブが強い選手が有利

2.  なぜ全身白いウェアなのか

3.  フェデラー選手のUNIQLO着用に衝撃

4.  NHKで放送中ですので、ぜひ観てほしい!

1.  最長試合記録3日間⁉︎サーブが強い選手が有利

芝のコートの特徴は、

バウンド後のボールスピードが速く、滑って来やすいことです。

だからラリーが繋がりづらく、サーブで決まることも多いので、サーブが強い選手が有利になりやすいと言われています。

試合のルールは男子シングルスは5セットマッチ、女子シングルスは3セットマッチで行われます。

1セット→6ゲーム

1ゲーム→4ポイント

で行われるテニスの試合は長くても1セット1時間弱ぐらいです。

しかしウインブルドンを含むグランドスラムは、

最終セットは2ゲーム差がつくまで試合が行われます。

そのため試合が長くなることもありますが、

テニスの歴史上一番長い試合は3日間かけて行われました。

プレー時間は11時間5分。

最終セットのゲーム数は、70-68。

70-68…

6ゲーム→1セットだから…

11セット以上戦っています!

それくらい長くハードな戦いをすることもあるのです。

2.  なぜ全身白いウェアなのか

これは1884年に女子シングルス優勝したモードワトソンが白で揃えたウェアということに起因します。

選手たちは全員白ウェアでも、

各選手メーカーによって個性を出しつつアピールしています。

  

3.  フェデラー選手のUNIQLO着用に衝撃

昨日から開幕し、

史上最強と言われている男子シングルス世界ランキング1位、同大会優勝8回を誇るR・フェデラー選手が日本のウェアブランドUNIQLOを着用し、話題になっています。

4.  NHKで放送中ですので、ぜひ観てほしい!

テレビでテニスの試合を放送することは少ないですが、

ウインブルドンNHKで放送されています。

日本人選手も出場中です。

注目はやっぱり錦織圭選手と大坂なおみ選手。

活躍に期待しましょう!