映画化決定!【ミステリーが苦手な私が勧める】マスカレードホテルは意表を突くミステリーで読んで手が止まらない!

マスカレードホテル映画化!!!

2019/1/18(金)ROADSHOW!

本が好きで、昨年は約100冊読みました。

小説も好きなんですが、個人的にミステリーはとても苦手で、チームバチスタシリーズぐらいしかミステリーは読んでいません。

むしろチームバチスタもミステリーと呼んでいいか良くわかりません。

好きな小説は、君の膵臓をたべたい (双葉文庫)です。

そんな私がお勧めするミステリー小説、東野圭吾さん著、マスカレードシリーズをご紹介します。

第1作、マスカレード・ホテル

第2作、マスカレード・イブ

第3作、マスカレード・ナイト

どの作品も面白くて、一気に読めるミステリーです。

ミステリーって色々あるけどどれを読んでいいか分からない人にお勧めします。

お勧めポイントを3つ挙げていきます。

Amazonのマスカレード・ホテル概要です↓↓

都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか

1、登場人物が個性的

小説の魅力を決める一つは登場人物。

マスカレードシリーズはとても魅力的な登場人物がいます。

主人公の2人。

フロントクラーク山岸は若手のホテルウーマンの中でも仕事に実直で、意見をはっきり述べるタイプ。

刑事の新田は、頭の回転は早いが、プライドも高い若手のホープです。

2人は最初お互いが潜入捜査でペアを組むことに猛反対。

それはそうです。

刑事がホテルで業務をしているなんてバレたら、ホテルの信用はがた落ち。

また刑事のホテルマン業務の質が低いと、これもまたホテルの信用はがた落ちです。山岸は目つきの鋭い刑事がフロントクラークに化けるなんてありえないと拒絶します。

新田も潜入捜査とはいえ、フロントの業務を覚えなくてはいけないし、容疑者を探しながら業務をすることに不満を抱きます。

ですが、お互い殺人事件を防ぎたい思いは一致しているところから、徐々にお互いの仕事ぶりを認め合い、

事件解決に向けて、協力していきます。

そしてこの小説の舞台である一流ホテルは色々なことを抱えた人たちが利用する場所です。

旅行に行くときに使う人、愛人と会う人、危ない仕事をする人など多種多様な人が登場します。

その一人一人に丁寧に問題解決をする山岸と新田が、とても苦しそうですが、ある意味楽しい様子が伝わってきます。

2、ストーリーがわかりやすい

ミステリーの一番の難しいところは、事件のトリックや流れが複雑であること。

私も基本的にミステリーを読むことは少ないのですが、読まない理由は上記の通りです。

ですが、このマスカレードシリーズはとても読みやすい!

第1作であるマスカレード・ホテルは500ページある大作ですが、私は二日間で読み切りました!

とても面白く、本をめくる手が止まらなかったです!

その理由は、ストーリーが

ホテルを利用する様々なお客様の問題を解決して、一歩ずつ殺人事件の解決に進んでいくからです。

お客様の問題を一つ解決するごとに、殺人事件の真相に近づくアイディアや証拠が出てきます。

そしてそのお客様の問題も「そんな無茶なぁ~」というようなもので、解決するため奮闘する2人もそれ自体が面白いです。

3、人間心理やビジネスにも使える仕事っぷり

前述したお客様の無茶ぶりな問題を解決する2人の姿は、それ自体が仕事として尊敬できるものです。

ホテルマンとしてお客様の不満や要望を解決できるか、そのためにはお客様を想像しなくてはいけません。

また刑事としては犯人逮捕に向けて、相手を疑い、嘘を暴かないといけません。

どちらも相手あっての仕事で、表裏一体です。

なぜこんなことを求めるのかと、頭を働かせ、実現可能なレベルで対応していきます。

一番印象強かったのが、新田に無茶ぶりを要求するお客様栗原です。

難癖付けて自分の仕事を手伝わせたり、課題を協力してこなしていく山岸と新田の対応はとても素晴らしいです。

そして栗原がなぜそんなことをしたか新田に語り、また新田の対応も一流の刑事(潜入捜査がばれないようなホテルマン)らしいかったです。

そんな一つ一つのストーリーが、仕事とは、プロフェッショナルとはと教えてくれます。

4、マスカレードシリーズは仕事でもつかえる小説だ!

登場人物が魅力的で、ストーリーがわかりやすく面白くて、仕事にも使える。

とても素晴らしい小説です。

一癖も二癖もあるお客様たちと奮闘する山岸と新田。

そして最後の事件解決までどんでん返しの繰り返し。

ぜひお勧めの小説です。まずはマスカレード・ホテルからどうぞ。

Amazonなら307円(10/17現在)で中古が買えますよ!

マスカレード・ホテル (集英社文庫)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です