【ブログを続けるコツ】ネタ切れは発信してないから?まずは発信しよう!

先日、

『ネタがないという人は発信しないから』

『発信すると、プラスで言いたいことが出てきたり、新たな考えが生まれてくる』

と知り、

「えっ?どういうこと?意味わからんし」

と思いましたが、

「でもよく分からんけど、とりあえずやってみようか」

ということで、

とにかくブログを書こうと思い、思い付くままに書いてみました。

それがこちらの記事。

【パパに送る】3歳児と旅行するときの3つ注意点

2018.10.14

この記事を書いてから、

「あっ、あれも書こう」

「あっ、これも書こう」

と、色々ネタが浮かんできました。

本当にツイート通りでした!

不思議に思いましたので、その理由を考えてみました。

Twitterやブログで中々ネタがなく困っているという人に、読んでもらいたいです!

1、発信すると記憶が呼び起こされて、小さなネタのタネが見つかる

やってみて思ったのは、

ブログやツイートを書くことは、記憶を外に出すことから、芋掘りに似ています。

さつまいもやジャガイモは一つの蔓に、いくつも実がなっています。

掘り起こすと複数ついてきて、その中には成熟したのもあれば、また小さいものもあります。

ブログやTwitterに置き換えると、

発信すると、その発信の下から、

一つ、また一つと、いくつものネタがが出てきます。

そのネタは大きいものから小さいものまでサイズは様々です。

ですが、発信すると書くネタに困るということはなくなるんですね。

2、小さなネタのタネは出すことに成長していく

そして、小さなネタを大きく育てるのも、また発信することです。

書き始めていくうちに、

『あのエピソードも書こう!』

『読者にはこの表現の方が面白いかな?興味を引くかな?』

など、色々考えながら書いていきます。

こうして、小さなネタがどんどん大きく育っていき、また発信されていきます。

3、とにかく早く出すと、書くことが当たり前になってくるから、常に発信できる

最後はスピード。

育てるスピードが速いほど、次のネタがまた生まれてきて、発信出来ます。

未熟でも、とにかく早く発信することが、どんどんネタが生まれてくるコツかなと思いました。

「そんなこと言っても記事書くのって難しいよ」

と、思う方は、イケハヤさんのVoicyを聴いてみてください。

イケハヤラジオ『ブログが続かないブロガーに伝えたいこと。』

これは必聴ですよ!

ツイッターでもブログでも、ネタ切れで困っている人はとにかく発信してみましょう!

ブログを始めるなら、ワードプレスSTORKがおススメ!

WordPressテーマ「ストーク」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です