パパ向け【子育て】3歳児が機嫌が悪いときの対処法

朝、起きたら3歳児の機嫌が悪かったです。

娘に対して、自分の理想の娘を求めていた気がしたので、とても反省しました。

機嫌の悪い娘にどうやって接すればいいか考えてみました。

自分で試してみてよかったやつをご紹介いたします。

1、しょうがないと思い、自然のままに任せる

誰だって、朝起きたら調子が悪い日もあるし、目覚めの良い日もある。

落ち込むようなこともあれば、嬉しいこともある。

相手の感情をコントロールしようとするのではなく、こちらは無理に対応しない。

ダメなものはダメだし、良いものは良い。

変わらず接することで、

「泣いても無駄かも」と子どもに思ってもらえるかもしれません。

成功率は50%です。

2、とにかく笑わせる

先日の記事内でも書きましたが、

喜怒哀楽の感情は共存しません。

機嫌が悪いとは、怒りの感情なので、どうにかして笑わせて、楽しい感情にシフトさせましょう。

くすぐったり、ベロベロバーしたり。

もちろん最初は、「何すんだっ!」って感じになると思いますが、めげずに頑張ります。

少しでもクスッとすれば、楽しいに感情が移動していきます。

ちなみに成功率は25%です(泣)

3、機嫌が悪い理由を考えてみる

なぜ機嫌が悪いか考えて、その理由を処理してみる。

うちの子は大抵機嫌が悪くなる理由が決まっています。

自分で何でもやりたい

親の真似をしたがります。

親が食べているものを欲しがる。

買い物かごを持つ。

キッチンに台を持ってきて、料理をしようとする

ここで通らなくなると、機嫌が悪くなるので、危なくない範囲でやらせるようにしています。

寝不足

ただ眠い。

出先で中々眠れない時など、機嫌がわるくなりやすいです。

先日の軽井沢おもちゃ王国への旅行も、テンションが高かったり、寝不足だったりで見たことない感情の起伏の連続です。

ママがいないとき

妻が夜勤もしているので、私一人で夜も過ごす日があります。

まずママが仕事に行く際に泣き、そして寝る前に必ず泣きます。

パパがいるのに(泣)

非常に残念です。

理由を考えると、対処できるものと出来ないものが整理できる

実際、対処できないものもあります。

私も何度失敗したことか。

ですが、理由を考えると、

寝不足ならベッドで横になって寝かす。

ママがいないから何とかヨシヨシするなど、

とりあえずやるべきことを試しせます。

それでうまくいけばラッキー。

うまくいかないなら諦めるしかありませんw

成功率は80%ぐらいかな。

4、誰だって不機嫌な時はあるから、周りが落ち着いて対処する

このような形で、

・しょうがないと思う

・笑わせる

・理由を考える

対処してみてください。

大事なのは、子どもが不機嫌だからといって、親がイライラしないこと。

朝の忙しい時に準備が進まなかったり、

夜中々寝てくれなくて困ることもよくありますが、

ゆっくり深呼吸して、まずはお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です