親になるのは誰だって初心者から失敗しても気にしない!

今の時期、子どもに「何でハロウィンって仮装するの?」と質問される親も多くいると思います。 その回答をしたふじこさんのツイート。

とっても分かりやすくシンプルに答えてくれてます。 思わず、私もなるほどと思いました。

子どもは分からないことがあると、「何で?何で?」と聞いてきます。

それに対して一つ一つ答えることは、とても大変。

そして答えた回答が伝わらないとストレスになります。

私は3歳の子どものパパですが、仕事でも子どもと接しているので、こういう伝える力があるかないかはとても大切です。

子どもにうまく伝えられて、少しでもストレスがなくなることを願っています。

子どもに伝えるポイントをいくつか話していきます。

1.無理に納得させようとして伝えないこと

はじめに色々なことを聞かれるパパやママに伝えたいのは、無理に納得させないことです。

例えば、

子「何で信号の色って青なの?緑じゃない?」

親「そういう風に決まってるの!」

これでは子どもは納得しないです。

子どもが納得しないだけでなく、親も思考停止していきます。

いいんです。分からなくたって。

だってそんなこと学校で教わらないです。

分からないことは分からないと正直に伝えてあげればいいんです。

こんな感じ。

「ごめんパパも分からないんだ。」「だから一緒に調べようか」

これで一緒に調べれば、子どもが調べる癖がつくことと親子の会話になること、親に新しい知識が増えていきます。

むしろいい事しかないので、分からないことは分からないと伝えてあげましょう。

親の方が詳しいはありえない。自分の親を想像すれば分かるはず。

子どもに知らないことを知らないと言うことは恥だと思うかもしれません。

ですが、どうせすぐに子どもの方が知識量が増えていきます。

それは自分の親を想像すればすぐ分かるはず。

ですよね。

自分の方がスマホやゲームに詳しいですよね。

うちの親はガラケーで、LINEやSNSはほぼ分からないです。

だから子どもの方が新しい知識と実践をどんどん行っていくので、若い人の方が知識が多くなります。

すでに私も子どもに知識で負けています。

ひたすらiPadでYouTube見ているからか、私よりもプリキュアに詳しくなっています泣

2.グーグルとウィキペディアに頼る

スマホがあれば調べるのに10秒もいりません。

両先生に頼れば、だいたい情報は収集出来ます。

子どもと一緒に調べて、分からない漢字も伝えれば全部で1分とかからないかと。

ましてやスマートスピーカーやSiriなどAIアシスタントを使えばさらに時間が短く調べられますね。

3.知らないと言うと自分も子どもも良い事しかない。

ことわざ「聞くはいっときの恥、聞かぬは一生の恥」という言葉があります。

まさにその通りです。

分からないことを分からない、だから調べようと言うだけで良い事しかありません。

私が知らないことを知らないと言える理由

ここまで書きましたが、それでも読者の方はなかなか言えないだろうなと思いました。

そこで何で私が言えるかなと考えてみると、『世の中を勉強している』からでした。

偉そうになると申し訳ないですが、それなりに、

・社会のことを知ろうとしている

・最新の情報を取り入れようとしている

・本を読んでいる

これをしているから、

自分って本当に知らないことばっかりだな〜、

面白いことや情報って沢山あるな、

と心底そう思います。

だから知らないことを恥とあんまり思っていないですw

堀江貴文、西野亮廣『バカとつき合うな』は子どもに読ませたい本第1位!

2018.10.28

4.親になるのは誰だって初心者から。だから学び続ける

子どもが生まれて父親、母親になるのは誰だって初めてです。

ネットや本で調べられても、体験するのは全て初めてのこと。

だから、知らないこと、困ることは山ほどあります。

私も全然出来ていないし、毎日困ることばかりです。

でもいつも最後に思うのは、

3歳児の父親は初めてだ、

子どもは子どもだからな。

と思い、自分にストレスが無いように考えています。

だからもし子どもに上手く対応できずにストレスを感じている人は、

初心者だから失敗して当然なんですから、焦らずいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です