NO MORE 時間泥棒!時間を大切にする2つのコツ

先日2つのある出来事で『時間って本当に大切だなぁ』ってしみじみ思いました。

それは幼稚園願書提出とある大手銀行での新規口座開設です。

どちらも共通していたのが、時間がとってもかかったこと。

こんなに時間かかるんだったら初めから知らせといてよ。

と思う人はおそらく私だけではないはず。

だから仕事でもプライベートでも時間泥棒にならないように気を付けていきます。

気を付けるポイントなどを解説していきます。

この記事は5分以内に読み終わります。

1、どれだけ時間がかかったの?幼稚園願書提出と新規口座開設

時間はどちらも約1時間かかりました。

内容は、

幼稚園は

順番待ち 15分

幼稚園の先生と面談 10分

制服の寸法合わせの待ち時間 20分

制服の寸法合わせ 10分

計55分

新規口座開設は、

整理券を受け取り呼ばれるまで待つ 10分

呼ばれて開設に必要な書類を書く 5分

口座開設の為、テレビオペレーターで応対、必要書類を書く 45分

計60分

どれくらい待っている人がいるかで時間は変わってきますが、

ここまで時間がかかるとは思わなかったです。

2、時間を奪うとファンにはならない

この時、「お待たせしてすみません」と幼稚園の先生にも銀行員にも言われましたが、

悪い私は「じゃあ待たせない工夫をしてよ」と思ってしまいました。

特に新規口座開設の際は、私のスケジュールでは娘とプリキュアの映画を観に行こうと思っていました。

そこで予定外の時間と体力を使い、行かずに帰りました。

完全に私の下調べ不足ですが、今後私はこの銀行で利用しないです。

そのくらい、嫌なイメージは強く残ります。

その時間があれば、どんなことが出来るかなと想像してしまいます。

3、時間を奪わない。短くできるか。先に時間を伝えるか。

どれくらいそのことに時間がかかるか先に伝えることが大事です。

私だったら、

「時間を短くしても対応可能にすること」

「何分かかりますが大丈夫ですか?」と

してもらうと嬉しいです。

先の例だと、

幼稚園であれば

洋服の見本が置かれていて「洋服の採寸はご自身でやっていただくことも可能ですが、いかがですか?」と

選べるようにすること。

銀行であれば

最初に銀行員が対応してくれた時に「45分ぐらいかかりますが大丈夫ですか?」と聞いてもらえると、

この後のスケジュールを考えて、選ぶことが出来ます。

実際、「30分ぐらいかかりますが」と言ってもらえたのですが、

もうテレビオペレーターで対応する直前だったので、「じゃあしょうがないけどやるか」と思い、やりました。

4、時間泥棒はこれからますます淘汰されていく

5分あったら何しよう?10分あったら何しようと考える人は多いです。

私ならSNSを使ったり、LINEで必要な連絡をしたり、仕事の段取りを考えたり、本を読んだりします。

家事をするときも、ご飯を研いだり、洗濯物を畳んだり、洗い物をしたり、掃除をしたり、本当にいろいろなことが出来ます。

短い時間もこれからもっともっと大切に感じていく人は増えます。

現にYouTubeで動画を上げている人や、Voicyでも短い時間(15分前後)で隙間時間にちょっと見聞きできるものが人気だからです。

自分自身にも相手にも時間を有効に使えるように、気遣ってあげると自分の信用度もぐっと高まるはずです。

今後も私は時間泥棒にならないように気を付けてまいります。

皆様も一緒に気を付けて、お互いの時間を大切に過ごしましょう。

『まんがでわかるLIFE SHIFT』は23分で読める100年時代の参考書

2018.09.22

【時間を大切にして有意義に働く】

空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です