【やってみた!】マンガでぐっすり!スタンフォード式 最高の睡眠

6月に異動してもうすぐ5ヶ月経ちました。

毎日12時過ぎに帰宅する日々が嫌で嫌でしょうがないです。

今まで寝不足で辛くなったことがないので、世のサラリーマンの大変さが身に沁みます。

これからさらに年齢を重ねていく中で、どうやって健康でいられるか考えた際に、ある本を見つけました。

こちら。

『マンガでぐっすり!スタンフォード式 最高の睡眠』

そうです、また漫画です。

しかも先日、かなりの時間を寝たはずなのに、1日中眠くて眠くて仕方のない日があったので、

少しでも睡眠を改善できるのではと思い、読みました。

実験してみた結果…

まぁまぁ良かったです。

 

まぁまぁというのは、まだ試して4日間しか経っていないので、これが漫画の効果がどうか検証しづらいところもありますので、

今後もさらに結果が出たらブログに書きます。

今回の記事では、本の紹介と実際に試している項目を記載します。

この記事は10分以内で読めます。

1、マンガでぐっすり!スタンフォード式 最高の睡眠 紹介

まずは本の紹介をいたします。

(あらすじ)
乳製品専門商社に勤める主人公・竹宮まゆ(25)は、
海外とのやり取りが多いこともあって
睡眠時間は不足しがち。寝不足で働く毎日を過ごしていた。
最近は肌も荒れ気味で、小さなミスも目立つように……。

そんなとき、若手睡眠研究者の如月タクミと出会い、
「すべて睡眠負債が原因だ」と告げられる。

はたして「睡眠負債」とは?
時間がない中、まゆはぐっすり眠れるのか?
タクミが明かしたのは、科学的根拠に基づく「睡眠の質を高める解決策」だった―

Amazon.co.jp マンガでぐっすり! スタンフォード式 最高の睡眠 引用

睡眠研究者の如月と出会い主人公のまゆが眠りについて学び、ビジネスを進めていくストーリーです。

まゆは遠い実家から通っていたのですが、最近一人暮らしを始めて睡眠時間も多くなっているはず。

眠れる日はなるべく寝るようにしているのですが、日中集中できずに会議でもあくびをしてしまいます。

その原因は、1日1日の睡眠不足が原因となり、睡眠負債が溜まっていっていることでした。

2、日本は睡眠不足の国第1位!?

睡眠負債とは睡眠不足が借金のように溜まっている状態です。

一説によると、40分の睡眠負債を返済するのに3週間もかかるというデータもあります。

また、100国以上インターネットでアンケートを実施したミシガン大学の研究では睡眠不足の国第1位が日本です。

その内容は理想の睡眠時間と、現実の睡眠時間がどれだけかけ離れているかというもの。

理想の睡眠時間は7時間強なのに、現実の睡眠時間は平均6時間未満でした。

1時間以上も差があり、国民の多くが睡眠不足を実感していることとなります。

3、実際に試してみた3つのこと

そうはいっても大多数のサラリーマンが多く寝ることが難しいです。その一人が私です(泣)。

そこでこの漫画では、睡眠の初めの90分をどれだけ質の高い睡眠が出来るかを大切にし、「黄金の90分」と紹介しています。

黄金の90分を手に入れるためには深部体温と皮膚体温の差を縮めていくことが大切です。

どういうことかというと、

睡眠前は深部体温(平均36.5℃前後)が低くなり、皮膚の体温(平均34.5℃前後)が高まり、だんだん2つの体温が縮まる傾向があります。

日中は2℃以上離れていて、眠くなると2℃以下に縮まってきます。

赤ん坊はまさにそうで、眠くなってくると体(皮膚)がだんだん温かくなってきます。

なるべくそうした状態を作るためにいくつかポイントがあります。

3,1 眠る直前はシャワーだけ。

眠くなってくると深部体温が低くなってきますが、お風呂に入ってのんびりすると深部体温が高くなってきます。

そうすると覚醒した状態に近づき、眠くなくなります。

お風呂に入ってから90分以上間を空けると深部体温が下がってくるので、より眠りやすくなりますが、

眠る直前はシャワーだけが良いです。

実際にやってみましたが、確かに目覚めは良かったです。

3,2 寝るときは靴下を履かない

眠くなってくると皮膚の体温は上がっていきますが、そこから眠ると段々皮膚体温は上がってきます。

そこで靴下を履いていると、足が温かいままでなかなか熱を放出してくれません。

深部体温を徐々に下げる為にも、靴下は履かないほうが眠りの質を向上させます。

私は普段靴下を履かないので、妻に試してみてもらいました。

ちょっと眠りが深いかもと言ってました。

3,3 アラームは20分置き

最初の90分でじっくり眠る睡眠をノンレム睡眠と言います。

これは身体も心も休まっている状態。

そこからレム睡眠へと変化していきます。

レム睡眠は寝ているのですが、身体は起きている状態ですので、比較的眠りが浅い状態です。

段々眠る時間が進むにつれて、この感覚は短くなってきて、起きる直前は約20分間隔で入れ替わります。

だからノンレム睡眠からレム睡眠に変化するときに起きれれば、身体は覚醒した状態で目覚めます。

私も実験してみましたが、1回目のアラームが鳴ったことは記憶に残っていなくて、

2回目のアラームの際にすぐに起きることが出来ました。

4、マンガでぐっすり!スタンフォード式 最高の睡眠はどのビジネスマンでも実践できる睡眠の教科書

いかがだったでしょうか?

最後に著者のあとがきを載せます。

「睡眠を改善する、科学的に効果が確認された方法がある」ことを、広くみなさんに訴えたい。

そして「睡眠で苦しむ人」を、早急に救いたい。

これらの思いが私の研究の原動力です。

また「睡眠にまつわる苦しみを取り除くこと」こと、私に課せられた使命であり、スタンフォード睡眠研究所の存在意義です。

この部分を読み、思わずぐっときました。

睡眠不足の国第1位の日本は多くの人が悩んでいる現代病の一つです。

しかも多く眠ることが難しい生活になっている人はぜひこの本を読んでためしてもらいたい。

私は、まだ数日しか経っていませんが、科学的根拠に基づいた研究の成果はとても興味深いですし、

実践する価値があると思っています。

引き続き、試してみます。

皆様も同じ睡眠時間でより質の高い睡眠を得るために、読んでもらいたいです。

マンガでぐっすり! スタンフォード式 最高の睡眠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です