妻に単身赴任でも良いと2度言われた旦那のモチベーションを保つ方法

先日、妻と家族会議を行いました。

[妻と家族会議]お互い思ってもみないところにストレスを感じているから話すとすっきりする

2018年9月29日

この記事から1か月後、再び会議を行いました。

一旦結論が出ました。

引っ越さない!

今まで考えて時間は何だったんだろうと思いましたが、やっぱり妻のストレスのポイントを把握しきれていませんでした。

今回の会議で、一番のポイントは私の単身赴任です。

私は単身赴任は嫌、妻はそうなったら仕方ないという考えでした。

今回も、同様の話し合いの中で妻から単身赴任は仕方ないと言われ、テンションががた落ちました。

そんな私がモチベーションをどうやって保っているかお伝えいたします。

仕事や家庭で辛い目に合っているパパを応援できれば幸いです。

1、そもそもなぜ引っ越しを考えていたか?

まずは私が6月に異動し、ドアtoドアで40分のところが、2時間の勤務地になりました。

自分自身寝不足と健康的にいつまで過ごせるかということと、

仕事から帰るといつも0時過ぎてしまい、家族と過ごす時間が短くなったことが

徐々に引っ越しを考えるようになりました。

そして、私の異動に伴い、

妻も自身の仕事と子育てをする負担がさらに大きくなってしまい、疲れていました。

なぜ引っ越しをしなくても良いという結論に至ったのでしょうか。

それは、妻の今の職場が休みやすく、娘が保育園に入れているからです。

働くママの深刻な仕事の悩みの一つが、子どもが体調不良の際に仕事を休みやすいかどうかです。

妻の職場は上司が同じく小さいお子様がいる方なので、

小さい子供がいるママが休みやすいように環境を整えてくれています。

そんな職場を離れて、保育園も探す労力はとても大きく、引っ越さなくても良いのであれば引っ越さないというのが、

妻の結論でした。私もそれに同意しました。

2、単身赴任がしょうがないという妻の考え方

しかし、今はまだ良いですが、私は異動がある仕事なので、勤務地が変わるかもしれません。

そうした際にも引っ越さないのか引っ越すのかの話をした際に、

前述の通り妻は単身赴任も仕方ないという考えでした。

それは、私が6月に異動する前も異動した後も大して生活は変わらないとのことです。

私「えっ?」「そうなの?」

妻「いや、前もそう言ったじゃん」

確かに言ってたーーーーーーー!!!

つまり…前述した

『そして、私の異動に伴い、妻も~疲れていました。』は

私の勘違いでした。

ショーーーーック!!!

3、モチベーションが下がったが、なんとか保っている3つの考え

この段階ではテンションはとっても下がりました。

「俺ってこの家にいなくても良いの?」

「少しは家事や育児をやってたけど、妻の力になっていなかったのか」

いや、そうじゃない。

きっとこういうことだ!と私のモチベーションを保つ3つの考え方が浮かんできました。

①強がっているだけに違いない

妻がそういったのは強がっているだけ!、と思い込むようにしましたw

きっと勤務地が変わり通勤が厳しくなったしょうがないと思っているだけだ!

だから大丈夫。もし本当にその場になったら家族3人で暮らしたくなるはず!

②やってみたらきつくなるはずだからちょっと試してみようかな

でも実際にそうなる前に試してみるのもありかもしれない。

そういえばTwitterのタイムラインでゲストハウスを月額1万5千円で使い放題出来るプランがありました。

他にも類似サービスでトマルンがあります。トマルンHP

③俺は離れたくない、だから色々なことを考えよう!

もし万が一妻が本気で単身赴任しても仕方ないと言っていたと仮定して、考えた際に、

私は離れたくないという思いがありました。

ですが、現実問題さらに通勤場所が遠くなると家から行き来するのが厳しくなるのが目に見えています。

だからそうならないようにいまのうちにいろいろ準備しようと思いました。

一つは転職。今の仕事内容は好きなので職種は変えたくないですが、いろいろな選択肢を今のうちから準備します。

まずは転職サイトの登録だけでもしておこう。

首都圏のIT・営業職求人多数。転職ならマイナビエージェント

4、モチベーションは自分の中から見つけ出す。

妻の単身赴任は仕方ないと2度言われたことでテンションが下がってしまいましたが、

なんとか3つの考えをいったりきたりしながら、保っています。

やはり最後は、他人がどうこう言おうが関係なく、自分がどうしたいかにモチベーションを見出すしかなかったです。

まだまだ一喜一憂しますが、最後はやっぱり自分です。

自分を強く持てるように、各種準備していきます。

また進展があればブログに書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です