現金支払いはもうやめません?キャッシュレス化は時短に繋がる

最近、現金で支払うことがとても面倒です。

その理由は、時間の節約をしたいからです。

どういうことか、いくつか説明します。

この記事は5分以内に読めます。

1、キャッシュレス化をお勧めするきっかけはNewDays

6月に異動してから時間に対して、よりシビアになりました。

通勤時間が長く、仕事の拘束時間も長い。その結果、睡眠時間も減り、家族との時間も減りました。

そんな状況でも、楽しいブログを続けたいので、無駄な時間は減らしたいです。

そこでニューデイズ。朝と夜に何か食べ物を買うことが多いですが、最近セルフレジが導入されました。

前は並んで買うこともありましたが、今はほとんど並ばずに購入することが出来るので、とてもスムーズです。

その結果か、現金で買うことがとても面倒に感じてきました。

2、キャッシュレスは購入者も販売者にとっても時短に繋がる

並ばずに購入することが出来るので、毎日3分の時短に繋がっています。

そして電子マネーでピッとやるのと、現金を出しておつりをもらう工程で1回5秒×2(朝晩)だとして、毎日10秒の時短。

365日×3分=1095分 ⇒ 約18時間

365日×10秒=60分 ⇒ 約1時間

これで19時間、約1日の節約に繋がっています。

しかもこれは私一人の購入者にとってですので、販売側にとってはもっと大きな時短に繋がっています。

3、キャッシュレス化が進んでいる国がたくさんある

実際、スウェーデンや中国など現金支払いNGな国が増えてきています。

それは現金こそコストという思想です。

上記の記述面もそうですし、販売側としても現金を管理することで、強盗の心配や売り上げの管理面でも面倒だからです。

4、時間は資産、資産を守ろう

キャッシュレス化をするだけで、時間を節約することが出来ます。

時間は大切な資産。無駄な時間を費やすだけで体力も精神力も奪われます。

無駄な資産を使わないだけで体に優しく、仕事やプライベートも楽しく過ごせます。

電子マネーであれば、AppleペイやSuicaなど各種ありますが、

銀行口座からそのまま引き落とされるデビットカードもお勧めです。

こちら ⇒ クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】

資産を奪われないための著書バカとつき合うなを読んだ記事↓

堀江貴文、西野亮廣『バカとつき合うな』は子どもに読ませたい本第1位!

2018.10.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です