上司に提案して話が通ったらなぜかキレられて本気で転職を考えることにした

上司から鬼電された話の続きを記載します。

ここで伝えたいのはそんな会社に居続けるのと、自分から環境を変えて仕事に打ち込むかを考えることを提案したいです。

それは今の会社でつらい思いをしている人、特に自分に対してのまとめです。

良かったらご一読ください。

1、提案書を書いたら、なぜか上司にキレられるダメサラリーマンの私

事の発端は自身が会社で「こうしたほうが良い」というのを提案したところから始まります。

[上司から鬼電]やらかした勤め人の失敗談その1 上司が知らない話を他の人に話してはいけない

2018.11.07

私は末端サラリーマンで、自身の上司に確認を取って行ったことを、なぜかその上の上司に怒られました。

その時はそういうもんかと思いつつも、このままやられっぱなしなのと、自分の提案がなかったことにされては嫌だと思い、

改めてその上の上司に提案書を書き、提出いたしました。

提出してから1週間待ちました。なんの連絡も返ってきません。

[上司から鬼電された話エピソード]正式に提案書を書いたら1週間スルーされている話

2018.11.13

このブログを書いたさらに数日待ちましたが、それでも連絡が返ってきませんでした。

もしかすると提案書が届いていないのかもしれない。

そう思って再度同じ内容を送付いたしました。

そうするとその日に返信がありました。

『○○さん、お疲れ様です

後日返答いたします。お待ちください。』

ん?この返答は…

もしかして過去のメールは届いていたってことですか?

イライラしながらもとりあえず連絡を待ちました。

2、たかがしれている提案にわざわざ提案書を作らなければいけないこの会社

提案の内容について簡単に説明すると、ホームページのレイアウトの変更です。

しかもそれはもともとある部分とある部分を入れ替えるだけの話。

A⇒B⇒C を C⇒A⇒B という順番の変更だけ。

たかだかそんな提案に、提案書を作らなければならない会社。

ちなみに私が働いている会社は社員50名程度の中小企業です。

3、2度目の提案書を送り、その後連絡が返ってきました。

話を戻し、それから2日経ったある日、電話が来ました。

内容は、提案が通り、今後の方向性が確認できました。

あぁ良かったこれでちょっとは進むなと思っていたら、上の上司から

「ホームページのこの部分は、何で勝手に変更しているの?」と。

その上の上司が言う部分は、自分の上司と確認し変更した部分です。

それを伝えると、その上の上司は「そいつ(私の上司)と確認したけど、そう言う風には言ってなかった」と。

もう意味が分かりません。私は自分の上司とはLINEでやり取りしているので証拠もあります。

自分の上司が嘘をついているのか、上の上司が嘘をついているのかよく分かりません。

ただどちらにしても上の上司に対しては、わざわざその話を出すことも含めて、不信感でしかありません。

4、今いる環境がおかしいなら転職を考える

そしてまだこの話は続き、もうこの上の上司に対して気を遣うのをやめようと思い、思ったことを話すように心がけています。

そして、その日の帰りの電車でTwitterを開いていると、こんなツイートを見つけました。

ちなみにこのツイートをしているmotoさんは、転職5回行い、年収1000万円越えのエリートサラリーマンで、現在Voicyのパーソナリティもやっています。

正直、ここ1、2週間色んなことが頭をめぐり、ずっと頭がモヤモヤした状態で、ストレスを抱えていました。

今の仕事や会社は好きですが、自分の身体を守れないようなら、家族に多大な迷惑をかけることは明白です。

そうなる前に選択肢を探そうと思いました。

これからどうなるか分かりませんが、自分にとって良い環境を探せるように考えていきます。

私のように今の環境でストレスを抱えているサラリーマンは、まずは転職サイトをご覧になってください。

マイナビエージェント
転職なら求人情報豊富な人材紹介サービスのご利用を!専任のキャリアコンサルタントと話をすることで初めて気付く自分の価値がここにあります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です