ブログを続けるコツはとにかく早く記事を書く、そのために必要な3つの事

はてなブログで書き始め、ワードプレスになって約5カ月が経ちました。

何を書いていいのかもわからず、Twitterレベルの文字数だったり、間が空いて更新したりとなかなかペースをつかめずにいました。

ですが、最近はほぼ毎日更新することが出来、ようやくペースをつかめてきました。

そんな私がブログを続けられるコツを考えると、とにかく早く記事を書くことでした。

今では1記事30分1500字を目安にアップしています。

もっと早くかける人もいるので、まだまだスピードアップは必要ですが、30分1500字で書けるコツをお伝えいたします。

初心者ブロガーの方や、これからブログを始める方はぜひ参考にしてもらいたいです。

この記事は5分以内で読めます。

1、タイピングを早くする

基本ですが、いかに早く文字を入力できるかです。

ブラインドタッチやフリック入力は当たり前です。

理想は1分間に200文字です。

どうやって早くする

タイピングが苦手な人はゲームで練習することがお勧めです。

私は高校生の頃、兄のパソコンに入っているタイピングゲーム北斗の拳をやりまくりました。

主人公ケンシロウの「あたたたたた…」と入力するごとに相手を攻撃し、

タイピングを続けると必殺技ゲージが溜まり、敵をやっつけることが出来ます。

中々ボスが倒せないのが悔しくて、必死(?)に遊んでいました。

2、台本を用意する

汚いけど、私の簡単なメモ書きです。

これはカジサックさんの動画、すべれない話で有名な矢野兵藤というコンビの兵藤さんとコラボした動画を拝見してからです。

兵藤さんは一人話芸の名人でどうやって一人話芸を磨いてきたか、話しています。

その中で台本を用意すると話しています。

その理由は思い付いた事を話すだけではなく、いらない部分も省いたりまとめたりできるように事前に客観視出来るように準備しているのです。

同じ話を有名ブロガーのイケハヤさんもYouTubeで語っています。

プレゼンをするコツというところで語っていますが、

台本を用意し、通し稽古を3回は実施するとのこと。

それを練習していくと、すらすら話せるようになったり、今では台本を用意しなくてもある程度話せるようになる。

ブログでも同じことで、いきなりパソコンの前で書き始めるのではなく、ノートに台本を書いてから書くようにし始めてから、

スピードがさらに上がりました。

3、タイマーをセットする

何分で書くか具体的に決めることです。

私は今は30分を目安にしていますが、短い記事であれば20分で書くことを目指しています。

そのために、制限時間を設けて、どこに時間がかかっているか自分で検証できるかが大事です。

どうしてもパソコンの前に書き始めてからも、あぁでもないこうでもないと考えたり、

疲れたからちょっと休憩するのではなく、なるべく一気に書き上げることで、1本あたりに時間を短くする。

そして記事の更新することを1番に置くことで、ブログを続ける習慣が出来てきます。

なので、制限時間を決めて書くこと。

制限時間を設けると仕事で帰ってきてからもスケジュールが立てられる

もう一つの効果はスケジュールが立てやすくなることです。

ブログを続けられない理由は、記事を1本書くのがどれぐらいかかるか分からなくて嫌になってしまうこと。

私も過去何度もありました。

しかし制限時間を設定すれば、仕事で家に帰ってきて、30分後には寝れるから1本書くかというモチベーションに繋がります。

これが1本書くぞと決めても、何分かかるかわからず、明日の仕事が大変だから今日は寝ようかなと、やらない理由が勝ってしまいます。

そうならないように制限時間を決める。私もそれでも書けない日は構成だけでも決めて、通勤時間にある程度書こうとか、

少しでもブログに触れる時間を作っています。

4、毎日記事を書いて、仕事以外で毎日の楽しみを見つけよう

入力を早くする

台本を作る

タイマーをセットする

私はこの3つでブログを続けることが出来ています。

そしてブログを書くと、自分の思っていることや行動したことがまとめられるので頭の中がスッキリします。

読んでくれているパパの為にも、自分が楽しんで続けられるブログは今後も早く書くことで続けていきます。

この記事は約25分で書きました。

【ブログを続けるコツ】ネタ切れは発信してないから?まずは発信しよう!

2018.10.19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です