マンガ版堀江貴文の「新・資本論」はお金について考える1歩目の本

読者の皆さんはお金についてどう考えていますか?

お金は汚い物、お金の話をするなんてと給料の話をすることはご法度?

でもその一方でプロ野球選手の契約更改では毎日ニュースになっています。

お金が好きなの?嫌いなの?

そんな良くわからないお金というものを説明した本が今回紹介する、

マンガ版堀江貴文の「新・資本論」です。

この本は堀江さんがお金の正体や考え方について、マンガで教えてくれています。

私は『パパがお金について子どもに教えるべき』内容がたくさん詰まっていると思っています。

自分の娘がもう少し大きくなったら話し、読ませます。

ぜひ内容をご紹介いたします。

1、マンガ版堀江貴文の「新・資本論」のストーリー

マンガのストーリーは各章でお金に悩める人に、突然堀江さんが現れて、考えを伝えるという内容です。

そもそも急に堀江さんが現れて、しかも悩みを打ち明けるってどんなストーリーだよw

と突っ込みたくなる気持ちはありますが、わかりやすくするためにそうしたのでしょう。

2、マンガ版堀江貴文の「新・資本論」は現代を生きる人にとって必要な情報

ここで堀江さんは『お金とは信用』であると語っています。

それはお金を出す側からすると、この人なら信用できると思った人に多くのお金が集まります。

今はクラウドファンディングのようにネットでお金を集められる仕組みがあります。

クラウドファンディングを簡単に説明すると

『自分はこういう人でこんな面白いことをやりたい』と企画し、

「それ面白そう!お金出すよ」という人を募って、

『ありがとう!お金を出してくれた人にはこんなプレゼントがあります』

こんな感じです。

そういう人になるためにも貯金をするのではなく、積極的に自分に投資が出来ること。

本を読んだりセミナーに行ったり、人とのコミュニケーションに使ったり。

そういうことが大切だと語っています。

3、マンガ版堀江貴文の「新・資本論」は生命保険に入る前に読むべき

この本の中で、堀江さんは生命保険に入るべきではないと言っています。

保険はもしものことがあった場合に備えるものという考えがありますが、

もしものことがあった場合の為に、

信頼できる人とのコミュニケーションをしっかり取ることや、子供のうちからお金について勉強させる必要があります。

4、マンガ版堀江貴文の「新・資本論」はクレジットカードを作ることを推奨している

クレジットカードに詳しい人ならわかりますが、カード決済するとポイントがたまることも増えています。

もちろん分割払いだと利息が付きますので、一括払いの支払いが原則ですが、

同じものを購入するのに同じ金額でポイントが付いたほうがお得です。

いくらでも使ってしまいそうで怖いという方も、自分の中で「これとこれとこれ!」のように日用品などの買うものや金額を決めていれば、

クレジットカードで使うとお得になることを堀江さんは伝えています。

クレジットカードを全く使わなかった私が、ここ1年で買ったクレジットカードでしか買えないもの

2018.11.17

5、マンガ版堀江貴文の「新・資本論」はパパが学び、子供にお金を伝える良本

マンガ版堀江貴文の新資本論について紹介し、お金とは信用であり、お金を知ることの大切さを訴えています。

特に『世の中の常識とすることは、頭の良い人が自分たちの既得権益を守るために作り出されたルールである』ということを堀江さんも言っているので、

そういった観点から情報を入れておいて、子供に伝えるだけでも考え方が大きく変わるでしょう。

私も生命保険を入っていますが、入ったことを後悔し、止めようと決意しました。

ですが、妻から止められてしまい、とても悲しい気持ちになりました。

そうです。もちろん、妻には逆らえません。

しかし、子供には堀江さんの考えを伝えて、進む道の材料にしてほしいです。

ぜひマンガ版堀江貴文の「新・資本論」お勧めいたします。

マンガ版 堀江貴文の「新・資本論」 (宝島社新書)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です