働く時間を作るために私が工夫していること

アクセスありがとうございます。

時間を作るのは難しいですね。

良く聞くのは、朝早く起きて活動する。

早く起きて、空いている電車に乗り、誰もいないオフィスで集中して仕事する。

そういう人になりたいが中々難しい、そう感じているサラリーマンに、私がおススメする時間の作り方を紹介します。

1、移動時間を有効に使う

すきま時間を有効に使えるか大事と、どんな本にも書いてあります。

特に、歩いている時間、バスや電車に乗っている時間、待ち時間を仕事に使います。

すきま時間って結局何をするの?

4つあります。

・仕事のスケジュールを決める

・提出書類の内容を下書きする

・人に連絡する

・分からないことを調べる

すきま時間にこれをやれば少し余裕を持って時間が生まれるでしょう。

2、パソコン前はとにかく入力

パソコン作業している会社員の人は多い。

でもパソコンの前でフリーズしている時間はとてももったいないです。

とにかくパソコンの前は入力。

今は調べものでもスマホが使えます。

エクセルやワードもある程度、スマホで出来ます。

パソコン前でやることは、とにかくタイピングです。

3、マニュアル化して自分以外の人にやらせる

自分の仕事の中で工夫していき、さらに仕事をするには自分の時間を作ること。

自分の時間を作るためには、自分の仕事を他の人にやらせること。

自分がしなければいけない仕事を他の人に任せ、自分はしなければいけない仕事に全力を注ぐ。

そうすることで周りの人のスキルも向上し(無理のない範囲で)、自分自身の新しいことにチャレンジしていく。

4、働く時間を作るために私が工夫しているまとめ

・移動時間を有効に

・パソコンの前では入力作業

・マニュアル化して他人にやらせる

この3つをやって、自分の時間を創り出し、楽しく働いていきましょう。