動画配信サービスとYouTubeの比較を考えたうえで、動画配信サービスを選ぶかどうか決める

通勤でスマホ片手に動画を見ている人も多く、「あぁみんなYouTube見てるんだなぁ」と思っていました。

友人と話をすると、「いや、それVODも入ってるっしょ」と言われ、「VODって何?」と思わず聞いてしまいました。

えっ…と完全に引かれながら説明を受けました。

VODとはVideo On Demandの略で動画配信サービスの事を指します。

CMでたまに見かけるAmazonプライムやネットフリックスなどです。

「へぇ、そんなにVOD入っている人多いんだぁ」と思って聞いたらそれもそのはず。

コンテンツの幅も量も桁違いに多いようです。

私は格安スマホに変えてから、通勤中もYoutubeを見るようになりました。

ここでは動画配信サービスとYouTubeの比較をすると、仕事でストレスを抱えている通勤時間が長いドラマ好きサラリーマンに動画配信サービスにはをお勧めします。

この記事は5分で読めます。

1、動画配信サービスとYouTubeの比較

簡単な比較を下記に列挙します。

【動画配信サービス】

・有料 ・会社が放送したドラマやアニメなどを配信 ・ダウンロード出来ればデータ容量をくわない ・閲覧中に広告がない・電子書籍が読めるサービスあり

【Youtube】

・無料 ・個人がコンテンツを配信 ・データ容量がかかる ・広告がある

実際はYouTubeに過去のテレビ番組やドラマがあったりしますが、公式チャンネルでなければ違法です。

だから今見れたとしてもいつ消されてもおかしくありません。

2、ストレスを抱えている通勤時間が長いサラリーマンにお勧めの理由

仕事のストレスが多いサラリーマンは中々通勤時間に勉強したくないものです。私がそうです。

少しでも情報を入手したり、本を読みたいところですが、なんだかストレスでソワソワしていて、本を読もうという気持ちになりませんでした。

そういったときYouTubeでバラエティ番組やアニメを観て、少しでもストレス解消していました。

【ゴットタン】寝不足サラリーマンおススメ! 刺激的、面白い動画ご紹介!

2018.10.24

小説や漫画も面白いですが、通勤時間が1時間以上あるとが、ドラマなら1話、映画なら半分観れるから、

仕事場に向かうときと帰るときでちょうど良く観れますね。

そもそもの話は、ストレスを溜める仕事から離れること

とはいえ、ちゃぶ台を返すようですがストレスの溜まる仕事からは離れて、転職することも必要です。

だからどうやったらストレスを減らしたり、通勤時間を減らせられるか、休日にでも考えてみるといいでしょう。

上司に提案して話が通ったらなぜかキレられて本気で転職を考えることにした

2018.11.21

3、動画配信サービス紹介、U-NEXT、Hulu、Netflix、Amazonプライム

動画配信サービスは色んな会社がやっています。

簡単に紹介します。

U-NEXT

月額1990円、動画本数13万本以上、無料期間31日

Hulu

月額933円、動画本数4万本以上、無料期間14日

Netflix

月額800円~、動画本数3000本(非公開)、無料期間30日

Amazon Prime Video

月額400円、動画本数7万本、無料期間30日

他にも様々な動画配信サービスがありますが、また今後紹介していきます。

4、まとめ

動画配信サービスとYouTubeを簡単に比較しましたが、YouTubeで満足している人やそもそも動画を観ない人は必要ありません。

ですが、紹介した通り、ストレスが多い通勤時間が長いドラマ好きのサラリーマンの方にはお勧めです。

通勤時間が苦痛の時間ではなく(そもそも長いことが苦痛ですが)、

何か楽しみを見つけて仕事に励んでもらいたいです。

仕事を元気に楽しくできれば、早く帰れて家族と過ごす時間も増えるはずです。

ぜひ自分の状況に合わせて、考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です