AKB48『チャンスの順番』30代サラリーマンを奮い立たせてくれる名曲だ!

友人とカラオケに行きました。その友人は最近転職したばかり。

同年代とあって、選曲がお互い知っている曲が多く、ノリノリで楽しめました。

その中で友人が、AKB48の『チャンスの順番』という曲を入れました。

名曲過ぎて、2人とも泣いてしまいました。

初めてカラオケボックスで友達と一緒に泣く経験をしました(←おそらくほとんどの人がしない)。

30過ぎの方はぜひこの曲を聴くと、仕事頑張ろうと思えます。

お勧めポイントを3つお伝えいたします。この記事は5分以内に読めます。

1、AKB48チャンスの順番はストーリーが良い!

まずこの曲が出来た背景ですが、AKB48のじゃんけん大会という企画の最初の曲になります。

じゃんけん大会とは、その名の通りじゃんけんで勝ち上がった人がセンター(メインボーカル)を勝ち取るというものです。

つまり、人気や実力に関係なく、運の要素のみです。

当時、前田敦子さんが絶対的センターで大島優子さん、高橋みなみさん、篠田麻里子さん、小嶋陽菜さん、渡辺麻友さんといったAKB48の絶対的メンバーが多数いました。

その中で、じゃんけんだけで勝ち上がり、注目されなかったメンバーに光を当てようというもの。

じゃんけんを勝ち上がり、センターポジションについたのは内田眞由美さんです。

知ってますか?

ご存知ない方はググってみてください。

内田眞由美さんグーグル検索した結果

はい、おそらく知らない人も多数いると思いますが、この人が初代じゃんけん大会優勝者です。

2、AKB48チャンスの順番は歌詞が良い

じゃんけん大会という運のみで勝ち上がったメンバーのことを思った秋元康さんの歌詞がめちゃめちゃ良いです。

チャンスの順番 歌詞全文HP

この中で、私はいつも下の歌詞がぐっとこみ上げてきます。

まわりの友は また一人一人

夢に続く階段 登って行ったよ

例えビリでも 焦ることないさ

どこかで風が吹いたら 追いつき追い越せる

ちょうど今の会社に入社する前、社員登用を目指し働いていました。

そこで社員のチャンスを掴んだのは一緒に働いていた同期でした。

『なんであいつは社員になれて俺は社員になれないんだろう』『一体何をやれば社員になれるんだろう』

と嫉妬と不安な気持ちに押しつぶされそうになっていた時に、チャンスの順番をよく聞いていました。

自転車で駅から帰りながら、この歌詞を聴いて泣いていたのが良い思い出です。(←泣いてばっかりな私)

3、AKB48チャンスの順番はPVが良い!

最後はPVがとても良いです。

センターの内田眞由美さんを初め、おそらく初めてCDシングルの選抜メンバーに選ばれている人も多くいます。

そこで1人1人の顔のアップが流れてきます。

「あぁこの人たちがじゃんけんで勝ち上がったのか」「どんな思いでこの曲に臨んでいるんだろう」という気持ちが溢れてきます。

しかもその選抜メンバーには、絶対的エースの前田敦子さんがいるのもまた良いんです。

絶対的エースである前田さんがちょこっとしかPVに出てこないというのがまたぐっときます。

運だけで選ばれたメンバーで、エースといえど端っこのほうにする演出はなぜだか泣けてきました。

私自身、選ばれていないことが多く、うまく行っていないことばかりなので、そう思ったのかもしれません。

4、AKB48チャンスの順番を聴くと、元気が出てくる

ストーリーも歌詞もPVも良いチャンスの順番は30過ぎのサラリーマンには溜まらないです。

この曲を聴くと、『自分を信じて頑張ろう』『まだまだやれることがある』と自分を奮い立たせてくれます。

ぜひ、聴いたことない人も聴いたことがある人もお試しください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です