テニス手首を痛める原因がわかる!インパクトポイントの意識付けに関する理論と方法(講師:竹内映二 第19回テニスフォーラムより)がテニス初心者にもわかりやすい考え方

Youtubeで紹介されているテニス動画で面白くて、実践的なものを発見しました。こちらです↓

テニスフォーラムというチャンネルで元デビスカップの監督竹内映二さんが講師を務めています。

とにかく分かりやすくて納得できるものばかりです。

簡単にまとめます。

・手首を痛める方は、インパクトの形が良くない

・足は地面と接触していて痛くなることはないのは、面で接しているから(変な足首の形で立つと痛める)

・腰の高さはラケットヘッドとグリップは水平

・高さが低くなると脇が閉まるようになるが、ラケットヘッドとグリップの角度は変わらない

・ラケットを引く際に、インパクトの形でテイクバックすると面を合わせやすい(伊達公子選手、ラドワンスカ選手)

・インパクトの感覚を再現するには、ラケット面を押すだけじゃなく、グリップと面を押す

特に4:40のインパクトの感覚を再現して、生徒が納得の表情を見せるのがとても印象に残りました。

有料級の動画ですので、テニス初心者の方も手首を痛めている方、もちろんコーチも観ることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です