[実践してみた]株式会社ニシノコンサル#17 メモの魔力をやってみた

12/28(金)放送のニシノコンサルがとても面白かった!

先週の放送が休みでとてもショックを受けていた分、放送があることはとても嬉しかったです!

内容は、前田裕二さんの著書『メモの魔力』をどうやって100万部売るかというもの。

12/24に発売されたメモの魔力は、すでに2度の重版が決定し、現在17万部。

これからもどんどん売れるだろうが、前田さんの目標は100万部!

それをキンコン西野さん、著書の編集者箕輪さんと考えていく内容です。

以下内容の抜粋です。

色んなことが学べるニシノコンサルですが、今回は内容がいつも以上に濃かったです。

特に『メモの魔力』の本質部分である、気づき→抽象化→転用→アクションは誰でも実践出来るとても良い内容です。

私自身、なるべく上記を実践しようと思いました。

特に、自分が気づいたことや感じたことを抽象化し、分析することが大事です。

具体的な例で前日仕事でこんなことがありました。

気づき:出勤したら前日からの仕事が溜まっていた。その翌日、上司から昨日大丈夫だったと言われた?

分析:イラっとした。なぜそれが分かっているのに、その日に少しでもやらなかったのと、連絡くれなかったのか。

抽象化:相手に対する気遣いがないと、自分は気分を害する。

上記の例で言えば、上司から何も言われない方が良かった。

転用・アクション:自分が仕事で同じことをしないようにする。思い立ったらすぐに連絡する。

気づきに対して行動するところまで書いてみました。

これを前田さんは番組収録中や打ち合わせでずーっとやっています。

少しずつでも実践してみるメモの魔力。早く読みたい(←まだ読んでなかったのか!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です