[まとめ・感想]メンタリストDaiGoさんの動画『大掃除すべき人間関係の見極め方』

最近(?)話題になっているメンタリストDaiGoのYouTube。

ニコニコ動画や書籍でも活躍しているDaiGoさんの動画が面白くて為になります。

今回は『大掃除すべき人間関係の見極め方』という動画が良かったので紹介します。

人間関係に悩んでいる人はぜひこの動画を観て、一歩踏み出しましょう。

1、内容まとめツイート

2、kwkが思う人間関係について

自分が思っていることに近くて、自分自身が整理出来ました。

・ネガティブな感情を隠す人とは付き合わないようにする

最近そう思うようになりました。

特に相手に気を遣っている(つもり)のに、相手からガンガン説教をくらったり的を外す指摘をされることは、とてもストレスになります。

会社の上司との関係がまさにそうです。

自分が一緒にいて、必要以上に気を遣い、自分にストレスがかかるような人付き合いは止めた方が良いです。

上司と議論することは無駄だと悟り、二度としないと誓う

2018.11.25

3、苦手な上司と一緒にいてよい事は何一つなかった

前まではそんなことが出来ませんでした。少しでも上司と一緒にいたほうがいいんじゃないか、と思っていましたが、相手は特に何も思いません。

私自身、相手を気持ちよくさせる技術が苦手ということもあります。

しかし、相手はたくさんいる中でのしょぼい1人だったので、完全に悪目立ちしていました。

4、本音で話せる仲間がいるか

皆さんには今でも付き合いがある、友達や同僚はいますか?

私はいます。本音で話せる過去の仕事仲間がいます。

その人たちは自分に物理的な利益をくれるわけではないですが、その人たちが頑張るなら私も頑張ろうと思うし、

自分も成果を出して、その人たちと肩を並べたいとも思っています。

その人たちと関係があるから、特に苦手な上司を無理に付き合う必要性を感じません。

5、いる人を失うことはもったいないと思うけど、いなくなった人を思い出すことはほぼない

そして、卒業するあるあるですが、『連絡するね!』と学校を別れてから、本当に連絡する人が何人いるのでしょうか?

別れを惜しむ気持ちは本当です。そして別れた後もお互いの生活は続いていきます。

部活に明け暮れる日々、恋人との関係、バイトや仕事に打ち込む。

その人たちが熱中する色んな事に力を注げば、他のものになかなか時間が割けません。

だから、『連絡するね』と言って別れても、『忙しくて全然出来なかった』と言って、テヘペロする人もたくさんいるはずです。

何が言いたいかというと、『別れてみたらなんてことはなかった』ということが往々にあるということ。

だからここで捨てたとしても、お互いが求めていれば、絶対また元に戻ります。

思い切って、人間関係の見直しもしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です