[義母と娘のブルース感想]娘に見せる親の背中は誇らしくありたい

突然ですが、『義母と娘のブルース』再放送を3話まで観ました。

元日からまとめて再放送されているのを妻が録画し、それをリビングで流していたので何気なく観てたら、どんどんハマっていきました。

その3話がとても面白かったので、記事を書きます。

このドラマを観て、新たな決意が生まれました。

1、義母と娘のブルース、あらすじ

公式HPから引用です。

綾瀬はるかさん演じるバリバリのキャリアウーマンの主人公が、娘を持つ男性からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間の物語。
そこにあるのは、大事件でもハプニングでもなく、あたりまえの喜びや、悲しみ、そして時にほっこりとする小さな奇跡である。

引用の通り、ドラマチックな展開とか予想も出来ないミステリーというわけではなく、日常の小さい出来事を取り上げているヒューマンドラマです。

綾瀬はるかさんが演じる岩城亜希子の一生懸命さと、娘のみゆきが認めたくないと思いつつも少しずつ母として認めていく姿はぐっとくるものがあります。

2、大事な娘に見せたい背中を見せる

第3話では亜希子が、みゆきの小学校のPTAになり、運動会の運営について会議に参加する所から始まります。

最近涙脆いのもあるせいか、思わず泣いてしまいました。

またこの後、亜希子を手伝うみゆきの姿もまた良かったです。

『子どもがああ言っているから良いんだ』ではなく、

子どもがやられて嫌なこと、親がそれを黙って見過ごすことをそのまま泣き寝入りするのではなく、

子どもの為にも自分の為にも戦うことを選ぶ亜希子の姿には、

親だったら一度自分を振り返ってしまいます。

3、自分はどうやったら子どもに誇れる背中を見せられるか

今実践していること、これから努力することを下記に列挙します。

実践していること

・仕事を娘に見せても誇りに思えるように頑張る!

・嫌なことがあっても愚痴や不満を言わない

・常に学ぼうとする

これから努力すること

・自分に自信を持つ

・規則正しい生活を送ること

・整理整頓する

・もっと稼ぐ

このあたりが出来れば、娘に誇れる背中を見せることが出来そうです。

特に自信を持つことは小さな成功体験を増やすこと。頑張って増やせるようにしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です