思いと行動

2018/9/29に修正しようと思いましたが、あまりにも恥ずかしい文面ですが、過去の教訓として残しておきます。

記事は2016/9/26に書いたものです。

 

アクセスありがとうございます。kwkです。

誰でも色々な思いがあります。

モテたい、稼ぎたい、評価されたいなどなど。

その思いが強いかどうかは、行動に表れます。

言葉に出すことは大事ですが、行動が伴わないと、結局思いを達成することはない。

行動すると色々なものが奪われます。

時間、労力、お金、周りからの評価などなど。

犠牲にしてもやるべきか、やらないべきか、きちんと精査し、考える必要があるでしょう。

精査せずに思いを言葉にする事は、浅はかだと言わざるおえません。

自分が出来ているとは全く思いませんが、未熟なりに自分の最大限の努力を行うと、犠牲になるものの代わりに得るものがあります。

それは、成長です。

「失敗は成功のもと」なんて言いますが、思いがあり、犠牲を払い行動すれば、自分に返ってくるものもまた大きい。

これからどんな自分になりたいか、どんな人生を送りたいか。

私自身、その都度その都度変わっていく部分がありますが、一つ決まっていることがあります。

それは、「楽しい幸せな人生を送りたい」

日々の仕事を楽しみ、社会に必要とされたい。

また家族とも良好な関係を築き、身体は健康。

働き方改革なんていわれ、会社員としての生活もこれからどんどん変わっていく。

その時に自分が何を思い、どういう事をするか。

毎日検証、毎日楽しむ。