全豪オープンテニス2019 錦織圭選手2回戦はいつ?17日9時からカルロビッチ選手と対戦

テニス四大大会の最初の大会、全豪オープンが開幕しました。

シングルス1回戦が行われ、

日本人は男子シングルス、錦織圭選手、ダニエル太郎選手、西岡良仁選手、大坂なおみ選手が勝利しました。

西岡良仁選手は2回戦で敗れてしまいましたので、3選手に注目が集まります。

その中でも、世界ランキング9位、グランドスラム初制覇に注目が集まる錦織圭選手の2回戦はI・カルロビッチ選手と対戦します。

メディアでも錦織圭選手の活躍が報道されていて、世界でも人気の選手の1人です。

錦織圭選手の特徴と、今大会の1回戦の様子をまとめてみました。

1、錦織圭選手の特徴

錦織圭選手が一般的に知られている特徴といえば、代名詞の『エアK』です。

『エアK』とはフォアハンドストロークのジャックナイフ(前の足でジャンプしてから空中で打つショット)です。

ですが、強力なフォアハンドと同様、いやそれ以上なのが、バックハンドストロークです。

力強さ、プレースメント、コース、タイミングなど、世界1とも評されています。

また反応の速さからリターンの技術も高いと言われています。

2、錦織圭選手の新しいラケット、ULTRA TOUR 95 CV

2019年シーズンより、ラケットを新しく変わりました。それがこちら。

ウイルソンのULTRA TOUR 95 CVです。

スペック

フェイスサイズ:95inch

重量:309g

バランスポイント:325mm

昨年まで、オレンジのBURNという機種から、このULTRA TOURになりました。

前作のBURNとスペックは同じです。違いはスロート部分のグロメットと言われる穴の部分。

もともとULTRAというラケットのシリーズで使われていたCLASH ZONEと言われるグロメットに変更しただけ。

ただそれだけで、打球感の柔らかさ、ボールを包むホールド感が実現。発売後、注文が殺到し、一躍大人気となりました。

Wilson(ウイルソン) テニスラケット ULTRA TOUR 95 CV (ウルトラ ツアー 95 CV) フレームのみ グリップサイズG2 WR000711S

このラケットを使用した2大会(ハワイオープン、ブリスベン国際)で優勝しています。

3、全豪オープンテニス2019 1回戦vsK・マイクシャクの様子

ただ、この1回戦が大苦戦しました。

結果はマイクシャク選手の棄権。

男子シングルスは5セットマッチ(3セット選手したほうが勝利)で行われていて、2セット先取されてしまいました。

その後、明らかにマイクシャク選手の動きが悪くなり、2セット取り返し、最終セットの途中で棄権です。

勝負に『たられば』はありませんが、マイクシャク選手の勢いが続いていたら負けていたでしょう。

そのマイクシャク選手は錦織選手の強みである、バックハンドストロークとリターンを抑え込んでいました。

マイクシャク選手のバックハンドは、錦織選手のクロスに鋭角に飛んできたボールを、さらに厳しいコースに返すか、ストレートに切り返し、錦織選手のリズムを奪っていきました。

またサーブが非常に良く、錦織選手がなかなかリターンから優位な展開に持って行けませんでした。

試合後のインタビューで錦織選手は「自分の調子は悪くなかった」と話しており、マイクシャク選手の強さが目立っていました。

ただこれから、勝ち上がっていくにつれて錦織圭選手はギアを上げてプレーの質をより高めてくれることでしょう。

4、2回戦 I・カルロビッチ選手との注目のポイント

I・カルロビッチ選手はテニス界きってのビッグサーバーです。

身長211cmの長身から繰り出すサーブに錦織選手も過去の対戦で苦しめられ、戦績は2勝2敗です。

錦織選手自身のサービスゲームで確実にゲームを重ね、リターンゲームでプレッシャーをかけられるかが勝負のカギになりそうです。

その辺も注目しながらご覧ください。

今年の全豪オープンテニスのドラマに期待しましょう!

全豪オープンはWOWOWでご覧になれます。WOWOW_新規申込

[全豪オープンテニス2019]BIG4初!アンディー・マレー選手引退発表

2019年1月13日

全米オープンテニス2018、準々決勝直前錦織圭選手の凄さを語ってみる!

2018年9月5日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です