HUGっとプリキュア!最終回はいつ?今までの感想を語ってみる

いよいよ2018年放送されていたHUGっとプリキュアの最終回が1/27(日)です。

今作から娘が観るようになり、私も一緒に観るようになりましたがとても面白くて、毎週泣いてばかりでした。

終わってしまうのは残念です。

最終回の直前ということで、この記事では私が考えるHUGっとプリキュアについて語ります。

子ども(特に女の子向け)のアニメですが、とてもメッセージ性が強く大人も楽しめると思っています。

良かったらご覧ください。

1、私のなりたい『野乃はな』になる!

私が想像するHUGっとプリキュアのテーマが『未来』『時間』。

突然やってきた赤ん坊のハグたんを守るため、プリキュアとなる主人公野乃はな。

敵から襲われ怖いはずなのに逃げないはなが言ったセリフが「ここで逃げたらかっこ悪い、私のなりたい野乃はなじゃない」

理想の自分を追い求めて現実と立ち向かう姿は、子供よりも大人へのメッセージのように感じます。

・サラリーマンとして働いて好きでもない仕事をしている人

・人間関係に気を遣って、本当にやりたいことが分からなくなる人

私も会社員ですが、やりたくない仕事をやったり、自分の思ってもないことを言ったり、つらい時期がありました。

今は、自分に素直になり、無理しすぎないように過ごしているので、そういったストレスは少ないです。

それが私のなりたい私だからです。

読者の皆様も、『なりたい自分になれているか?』を振り返ってみてもいいのではないですか?

プリキュアはアニメですが、彼女たちの頑張りはぐっとくるものがあるはずです。

2、ジョージ・クライも正義?永遠に幸せな時間とは?

先ほどキーワードが『未来』『時間』と書きましたが、

敵方であるクライアス社のCEOジョージ・クライも自分が正義だと思っています。

「ともに終わらぬ永遠を」

ジョージ・クライはこのキーワードを口にし、時間を止めようと考えています。

ジョージ・クライは悲しい過去の経験があり、時間が過ぎていく毎に人間は過ちを繰り返し、不幸になっていく。

それなら時間を止めてしまえば嫌なことがなくなり、皆が悲しい思いをすることがなくなる。

極論といえばそれまでですが、悲しみから逃れる究極系ではないでしょうか。

10年、20年、30年と私たちが生きてきて、もし悲しい出来事しかないと分かっていたら、時間を止めたくなるかもしれません。

だからジョージ・クライもまた正義だと思っています。

3、かつての敵たちが改心していく、『みんなでトゥモロー』

プリキュアの必殺技がいくつかあります。

その中でも紹介したいのが、『みんなでトゥモロー』です。

これは39話から使用している技になります。

この技の最大の特徴は、全員が変身し、力を合わせて技を繰り出すと、

女神であるマザーが現れ、敵である『猛オシマイダー』を抱きしめて、改心させるというものです。

要するに、相手を攻撃するのではなく、相手を受け入れることで明日に向かって頑張ろうというメッセージを伝えています。

そしてマザーに抱きしめられた猛オシマイダーは「もうやめさせてもらいまーす」と言って、笑顔になり去っていきます。

HUGっとプリキュアの全ての技を受けた猛オシマイダーは同じセリフを言って去っていきますが、『みんなでトゥモロー』が一番伝わりやすいです。

4、プリキュア大集合

そしてプリキュア15周年記念として、

映画『HUGっとプリキュア!ふたりはプリキュアオールスターズメモリーズ』放映直前の第36話、第37話で、

過去のプリキュアが大集合した回があります。

個人的には「あっこれで最終回なんだな」と思うぐらいの迫力です。戦闘シーンは圧巻でしたね。

あの回を観て、「映画も観てみたい」と思い、観に行きました。

完全にハマっていますw

【感想】映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ はパパが観るべき映画だ!

2018年11月9日

5、いよいよ最終回のHUGっとプリキュア!

1/27(日)が最終回となるHUGっとプリキュア。最終回のタイトルは『輝く未来を抱きしめて』

最終回と思うと本当に残念ですが、最後のHUGっとプリキュアを楽しみに、今週も頑張ります。

HUGっとプリキュア!第49話(最終話)『輝く未来を抱きしめて』は子どものアニメとは思えない衝撃のラストで幕を閉じる

2019年1月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です