さよならおっさん、こんにちは若者

今SNSで話題になっている言葉があります。

#さよならおっさん

NewsPicksというスマートフォン向けのニュースアプリが日経新聞で出した広告のキーワードです。

さよならおっさん

こちらのTwitterにも記載がありますが、これは個人に向けたメッセージというよりかは、

価値観やルールについて言及しています。

インターネット、スマートフォン、SNSなどテクノロジーが進化し、

生活スタイルや仕事の仕方、お金の稼ぎ方まで変わってきている世の中に対して、

まだ昔の価値観でいるの?と問いを投げかけています。

改めて昔の価値観と今の価値観をまとめて、

今の若者の素晴らしさを語ってみます。

 

目次

1、昔の価値観

2、今の価値観

3、若者サイコー!

 

 

1、昔の価値観 24時間戦えますか?

昔のCMで今の問題になっているリゲインのCMがあります。

そのキーワード『24時間戦えますか?』

栄養ドリンクのCMで『これを飲めば元気に働けますよ!』というメッセージがあります。

人より労働することで会社を大きくし、出世し、給料も上がっていき、

家族を養うことが、一世代前の価値観を象徴する言葉ですね。

 

2、今の価値観 お金ってそんなに必要?

今もたくさん働いて給料を稼ぐことは大事ですが、前提条件が変わってきてます。

・欲しいものありますか?

・お金ってそんなに必要ですか?

ということを質問します。

 

皆様、いかがでしょうか?

いまは安く良いものが買えるようになりました。たいていのものは100均で揃うし、

吉野家やコンビニで安くておいしいものも食べられます。

お金はあるに越したことはないですが、働く人口が増えたことで、

出世するポストは少なくなり、給料も大きく増えることはまずないです。

そうなってくると、会社に捕らわれる働き方ではなく、自分自身が成長する時間に充てたり、

家族との時間を過ごすことに重きを置く人が増えています。

加えてパソコン業務が多いので、自宅でリモートワークも出来る仕事が増えているので、会社に行かなくても働ける仕組みが増えてきました。

 

 

3、若者サイコー!

若者はいまの価値観を理解しています。

だから昔ながらの価値観やルールについて、オワコンだと思っています。

会社の価値感やルールを変えることはコストになりますが、

新卒や転職組には関係ありません。

若者はいまの価値観の上、質の高い仕事やお金はある程度でやりがいのある仕事を求めています。

自分が社会に対して何ができるか、何がしたいのか。

若者というだけでこれから価値はもっともっと高くなっていきます。

だからおっさんたちは、今の環境やルールをもう一度疑うべきです。

おそらく役職があったり社歴が長い人ほどその流れを変えることはできず、

むしろ若者に「仕事ってのはなあ」と語っていませんか?

自分はいま32歳、ちょうど境目の時期だと思っています。

おっさんにならず、若者の価値観や新たなテクノロジーを取り入れ実践していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です