株式会社ニシノコンサル#21 ブランドをいかに作り上げていくか明確に想像できる神回

たびたびブログで紹介しているAmeba TVの株式会社ニシノコンサル。

2/1(金)放送の#21『お中元・お歳暮の慣習を若者に広める方法とは!解決には“スポッ”が必要!? 』

『スポッ』ってなんだよ!

って思いますが、観たらその理由がわかります。

わたしは、その理由を理解したとき、唸りました。

唸った理由は、

「ブランドにする」「ブランドを作る」ということ。

どういうことか、3つのポイントで解説していきます。

1、ブランドしか生き残れなくなる

安くて不味いものがなくなってきているので。

安くて良いものも当たり前だから、これからは高くても良いものが生き残っていく。

今回のコンサル依頼したお中元お歳暮の会社の製品で、安くて美味しいものが一番売れていた。

しかし、それだといわゆる『セレブ』は買わない。

その理由は安さゆえに、贈り物としての質が下がっているから。

だから、ブランドにして、その商品の価値を周知の事実にすること。

ヴィトンのコットン、シャネルのリップ、シュプリームのキーホルダー。

どれもハイブランドのメーカー。

商品は100均で売っているもの。

ハイブランドの簡単なものは、贈り物としての価値も高い。

特に、女性には格別。

ブランドのイメージが、商品の質を担保する。

だからブランドが大切。

2、『ブランドにする』ための3つの策

誰もが商品やサービスをブランドにしたいと思っている。

そのための策が3つあります。

2、1 高い理由を作る

価格を高くすれば売れるというわけでもなく、高い理由を求めています。

例えば、高級料理なら

食材も一流、

キャビア、フォアグラ、トリュフや

アワビや松坂牛などの高級食材を使えば金額は高くなります。

また、料理人もコンクールで優勝し、名のある料理人が作っていれば、その分価値は高まります。

「なぜこの金額なのか?」

と、自信を持って説明出来る

2、2 商品以外もお金をかける

商品の価値を高めるためにも、実店舗のデザインや包装、働くスタッフにもお金をかけています。

イメージ付きやすいのが、高級ホテル。

高級ホテルの施設は一流で、働く人も一流です。

これが働く人が研修を受けていない素人では、高級ホテルの質が問われてしまいます。

だから商品だけでなく、商品以外にもお金をかけています。

ハイブランドの商品であれば、広告もその一つ。

有名なスポーツ選手や芸能人とスポンサー契約を結び、そのブランドの価値を高めています。

「あの選手が使っているなら私も使ってみようかな」と思わせること。

先日の全豪オープンテニスで優勝した大坂なおみ選手のスポンサーは、数々の商品を販売していますが、

飛ぶように売れているとのことです。

全豪オープンテニス2019 女子シングルス大坂なおみ選手優勝!おめでとう!

2019年1月27日

2、3 適切な量、サイズにする

質が高いものでも、量があっていないと贈答品としての価値は下がります。

例えば、100均のものをリップを1万個買って100万円を払う。

こんなにリップが必要な人はいませんね。

だから適量であることも、ブランドとしての価値を高める一つです。

それこそ、今回のニシノコンサルのタイトルにある『スポッ』と入るぐらいの商品であること。

ニシノコンサルでは、パティシエes koyamaの商品が紹介されています。

『THE BEST SUSUMU KOYAMA PREMIUM CREATIONS 2017-2018』という8粒のチョコレート詰め合わせが3,672円です。

商品もこだわりぬいていますが、このちょっとの量が贈り物として喜ばれるそうです。

確かに自分に置き換えても、『これは大人気商品で、一つ一つのチョコにこういうストーリーがあって…』と説明されると、

「うわぁなんかすごいの頂いたんだな。ありがとうございます!」と思って、

きっとSNSやブログで紹介しますね。

3、個人で活躍できるように、行動・発信をし続ける!

商品関して説明していきましたが、人も同じだと思っています。

あの人が作っているから

あの人が勧めているから

あの人が使っているから

という憧れの『あの人』になれれば、仕事を自分で作り出せる人です。

いわゆるインフルエンサーですね。

影響力の高い個人になるためには、行動と発信をし続けること。

西野さんも中田さんもそうです。

面白いと思ったものを作り、それを発信する。

それを続けて、周りが「あれ面白くね」と思われる数々の作品を生み出してきたからこそ、

芸能人の中でも影響力の高い人になっています。

私も一歩一歩、行動と発信を続け、ブランドとなるように努力を続けます

[感想・書評]『ブランド人になれ!会社の奴隷解放宣言』は、もうちょっと活躍したいサラリーマンが会社での立ち居振る舞いを参考にするビジネス書だ

2019年2月2日

[実践してみた]株式会社ニシノコンサル#17 メモの魔力をやってみた

2018年12月29日

ニシノコンサル#14 OWNDAYS田中さんとVANQUISH石川さんの話が面白い!メルカリを基準に考える

2018年11月30日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です