人に質問するときには相手が答えやすいようにする4つの工夫

2日間、当サイトにアクセス出来ず大変申し訳ございません。

解決しましたので、またブログを再開いたします。

今回はそのサイトにアクセス出来ずに困っていたので、サーバー管理者に問い合わせして、

内容を教えていただき、解決いたしました。

問い合わせする際には相手が答えやすいようにする工夫が必要です。

私もそれで「もっとわかりやすく質問するためにこうしたほうが良い」といろいろな方にアドバイスされたものを、まとめます。

こんな人に読んでもらいたいです。

・先輩や上司に質問すると不機嫌な顔をされるから質問しづらくなる

・わからないことがわからず、困っている時間が長くなる

ぜひ解決の手助けが出来れば嬉しいです。

 

1、質問する前に自分で調べる癖をつける

まずは調べましょう。

質問すると、相手の作業を止めてしまいます。

その時間を頂く前に、ネットで調べると相手に質問しなくても解決するかもしれません。

個人のブログやSNSで発信しているので、分からないこと調べたいことは、同じことを経験している人が多いです。

私もこのブログを開設する際には、ブロガーの皆様の記事を読みました。

ググるのとウィキペディア先生にまずは聞いてみてください。

2、質問する際は、調べた内容とそれでも分からなかったことを伝える

ネットで調べてみても分からないことはありますので、詳しい人に聞いてみましょう。

その際は、

「(ネットなどで)調べたんですが、分からなくて」

と言うのが、マナーになります。

出来れば、「〇〇は分かったのですが、××は分からなくて」と調べた情報まで言えると、相手にはここまで調べたのか分かりやすいので、頂く時間の短縮に繋がりますね。

3、質問する際は、相手が調べやすいように情報をまとめる

自分がどんな情報が欲しいか整理して伝えると、相手も答えやすくなります。

・なぜその質問をするのか?

・いつまでに回答が必要か?

・現在はどのような状況か?

・具体的な製品は何か?

5W2Hに沿って、一つずつ伝えると、回答する側にも考えやすくなるのでお互いにメリットになります。

4、質問に答えてもらったら、感謝する

最後に質問に答えてもらい、解決したらありがとうの気持ちを伝えましょう。

解決したことを伝えることで、相手も気持ちがほっとするはずです。

というのも人によっては、質問した人が解決したか気になっている人もいるからです。

 

感謝されて喜ばない人はいませんから、もしかしたらまた質問に答えてくれるかもしれません。

下心は隠しつつ、まずはありがとうを伝えましょう。

5、相手が答えやすい4つの工夫は思いやりです。

いかがだったでしょうか?

  1. 質問する前に、自分で調べる
  2. 質問する際は、調べたい内容と分からなかった内容を伝える
  3. 質問する際は、相手が答えやすいように情報をまとめる
  4. 質問に答えてもらったら、感謝する

この工夫をして、質問に答えてもらうため思いやりを持つことが大事です。

上手に質問し、問題解決のスピードアップや人間関係構築に繋がれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です