素人の私でもわかった!格安スマホに変更する3つのメリット

先日、格安スマホに変更しました。

格安スマホに変更するとどう変わるのか、よくわかっていませんでした私ですが、

友人が変えていたことと、このツイートのリンク記事を読んで変えようと決心しました!

全くの知識がない私が、ネットで調べたことと大手家電量販店の販売員に聞いた話をまとめましたので、

ぜひ参考にしてください。私はiPhone6からiPhone SEに変えました。

格安スマホに変えたほうが良い理由はこちらから。

3歳児に好かれるパパになるために唯一の方法!

 

1、そもそもSIMって何?

SIMカードとは、人間でいうところの脳、ゲーム機でいうところのソフトにあたります。

SIMカード- Wikipedia

SIMカードが入っていることで電話が使えたり、携帯会社のメール(@docomo.ne.jpなど)が使えたりします。

携帯会社から付与されているもので、auやソフトバンクなどの大手キャリアも格安スマホも取り扱っているものは、

このSIMカードにより、毎月の料金の支払いをしていると思ってください。

2、本体機種をそのまま使うってどういうこと?

SIMカードが携帯会社から与えられているものとして、

スマホ本体はどういうことかといえば、人間でいうところの身体、ゲーム機でいうところのゲーム機本体となります。

スマホ本体といえば、iPhoneやgalaxyやAQUOSなどが代表的な例でしょう。

機種変更したことある人ならわかると思いますが、古い携帯は電話や会社のメール(@docomoなど)は使用できなくなりますが、

携帯本体に入っているゲームや連絡先などは閲覧することが出来ます。

その中身を初期化、いわゆる新しくニューゲームで始めると、まっさらな状態のスマホ本体になります。

そのまっさらな状態のスマホに他携帯会社がSIMカードを入れて、安く使用できるかどうかということが、

格安スマホの一番のポイントになります。

3、全額いくらかかるの?家電量販店は全て教えてくれた。

これまでの話も家電量販店の店員さんが丁寧に教えてくれました。

そして最も大事な質問もします。

「結局いくら総額でかかりますか?」

こちらも丁寧に答えてくれました。

下記は一例で、金額は大体だと思って下さい。

初期費用

・大手キャリア 解約金 3000円

・格安スマホ 契約金(事務手数料) 3240円

・家電量販店 頭金 3780円

計:10020円

月額料金(スマホ本体を購入、データ通信3GB)

1年目:4298円

2年目:5378円

3年目:4298円

私の大手キャリア時の月額料金は月7〜8000円でした。

単純計算でも約2〜3000円安くなります。

4、格安スマホはお得!

格安スマホに変更してから4日間経ちましたが、今のところ全く問題ありません。

ただ一つデメリットとしてなら、最新のiPhone8やiPhoneXが使えないことです。

昔の機種でも良い私のような人は、これで安くなるなら、お得です!

おススメです!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です