社歴別、仕事の楽しみ方特集!新人、中堅、管理職はこうやって楽しむ!

私は中堅サラリーマンです。

拘束時間が長いのは辛いですが、仕事は楽しいです。

自分の好きなことを仕事に出来ていることもそうですが、

自分の理想の形が頭の中にあり、それを実現するために行動しているからだと思います。

仕事を楽しめないサラリーマンに社歴別で仕事の楽しみ方を考えてみました。

読者の方が少しでも仕事に積極的になり、ストレスなく仕事することを願っています。

1、新人の楽しみ方!好きな先輩を真似てとことん接する

右も左もわからない新人にとってまずは覚えることが山のようにあります。

書類の書き方、専門用語、お客様とのコミュニケーション。

慣れることに精一杯かもしれませんが、とにかく好きな先輩を真似するようにしましょう。

あなたが好きな先輩、尊敬する先輩は、

笑顔が素敵で、要領が良く、仕事が早いのではないでしょうか。

お客様からも同僚からも信頼されている。

その理由は、その先輩がトライアンドエラーしていった結果です。

とにかく真似をして、話を聞いて、自分のものにしましょう。

そうすれば必ずお客様や同僚から信頼されるようになります。

2、中堅の楽しみ方!結果を出す、そのために価値を提供する

仕事にも慣れ、先輩のやり方も真似してくると、型が出来るようになります。

型が出来るとある事に気づきます。

「真似しているだと、先輩は超えられない。」

そこから先は先輩のやり方をベースにしつつも、自分に合うやり方や長所を伸ばし、短所をなくしていくことが大事です。

3、管理職の楽しみ方!部下とチームで仕事する、一人では出来ないことを達成する

管理職ではない私ですが、私が慕っている元上司の方を見て、こう思います。

チームで行動すれば、一人よりも大きな結果を出すことが出来る。

それが楽しめる人は管理職に向いています。

私もチームでゴールに向かって行動している時は、上手くいかない苦しさの中でも結果が出た楽しさがありました。

離れていても、そのチームのメンバーとは連絡を取り合います。

4、仕事を楽しむためには積極的に行動できる環境にあるか

上記、社歴や役職によって楽しめる方法が違うと思いますが、

結局最後は職場の人間関係だと思います。

尊敬できる先輩や上司がいて、会社の理念に共感して、自分が積極的に取り組める環境かどうか。

・自分の結果を認めない

・手柄を横取りする

・非難ばかりで解決策がない

などの悪質な環境はどうあがいても楽しめないです。

読者の皆さまが仕事を楽しめて、生産性が高まることを期待しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です