【子育て】子供と遊ぶ際、親が楽しめる3つの方法

休みの日は必ず娘と遊ぶようにしていますが、

正直子供と遊んで、

親が楽しめるかはなかなか難しいと思います。

 

 

どの親御さんも、

スマホをいじいじしている人がほとんどで、

私もそんな一人でしたが、

今はだいぶ離れられるようになりました。

f:id:kwk05e3048:20180522231947p:image

 

色んなことを試して実践している所ですが、

今のところ楽しめている事を3つ紹介します。

 

 

①親が楽しめる事に子供を巻き込む

②子供に新しい情報を覚えさせる

③歌う

 

関連記事

子育てを楽にするために、父親が子供にやるべき3つのこと – kwk blog

 

①親が楽しめる事に子供を巻き込む

そもそも子供に合わせるのではなく、

自分が好きなことに子供を巻き込むのが、

一番大事だと思ってます。

 

子供は親の表情や、感情の変化よく見ています。

喜んでいるのか、怒っているのか、哀しんでいるのか、楽しんでいるのか、察知しようとします。

 

親がやっていることに子供は興味を持ちやすく、それが楽しんでやっているならなおさらです。

 

 

先日公園に遊び行った際に、

娘とサッカーっぽい事をした時は、

めっちゃめちゃ楽しかったです。

 

娘が「まてまてー」と私のボールを取ろうとして追いかけてくるのとか、最高でした。

 

 

これからも好きなことに巻き込み、

一緒の事で楽しめるようになりたいですね。

 

②子供に新しい情報を覚えさせる

とはいえ、子供は子供で遊びたい事があり、

それを親と一緒に楽しみたいです。

 

娘は今、おままごとで、

お店屋さんごっこが流行ってます。

 

近くの公園に行くと必ず「しべりだいいく」

と言います。

何度かすべると、すべり台の階段の後ろに行き、

「ももせー、ももせー」と言います。

 

「ももせーって何?」と聞くと、

ハンバーガー屋さんでしゅ」と答えます。

(「あぁ、いらっしゃいませ」だったのか)

「なににしましょうか?」と聞かれるので、

ハンバーガー下さい」と答えると、

作って渡してくれますw

 

一通り食べ終わると「こうかん」と言って、

お店とお客さん役が変わります。

 

私が店側をやって「何にしましょうか?」と聞くと、

娘は「ハンバーガーとポテトとジュースください」と言う。

(何⁉︎めちゃめちゃ精度高いじゃないか!)

と思いつつも、もっとリアリティ増したいなと思い、

「何ジュースにしますか」と聞きます。

娘は少し考えて、「みかんジュースください」と答えます。

 

この時、新しい事を覚えてもらうのって楽しいなぁと思いました。

 

今でもハンバーガー屋さんやると色々新しい事を覚えさせるのに、実験中です。

 

↓おつりを頂いてます

f:id:kwk05e3048:20180523060930j:image

 

関連記事

自分でやる – kwk blog

 

③歌う

一緒に歌うとなんだかそれだけで楽しいです。

f:id:kwk05e3048:20180523062613p:image

 

NHKの『おかあさんといっしょ』や『いないいないばあ』で、

歌を歌う事の大切さがここ1年くらいでようやく分かりました。

 

リズムに合わせて同じ歌を歌う事もいいですが、私が好きなのは掛け合いがある歌です。

特に好きなのが、『どんな色が好き』です。

 

内容はこんなかたちです。

「どんないろ〜が好き?」「あか」

♫「あか〜いいろ〜が好き」

♫「いちば〜んさ〜きになくなるよ」

♫「あか〜いくれ〜よん」

これで色んな色を言っていきます。

 

子供と散歩しながら歌うと、

恥ずかしさもありますが、

同じ物を共有出来ることや一緒に何かをやれること

がとても楽しいです。

 

わざと「赤」と同じ色を言い続けると怒りますw

私タチ悪いですねw

 

 

3つのことで自分も楽しめるよう工夫しています。

大事なのは、

子供の遊びにイヤイヤ付き合うのではなく、

一緒に楽しい時間を共有するためにどんなことができるか

です。

 

良かったらシェアして下さい。