見てる、知ってる、考えてる

アクセスありがとうございます。

 

中島芭旺さんの、『見てる、知ってる、考えてる』

読了しました。

f:id:kwk05e3048:20180507152253j:image

 

表紙の子供が本人です。

10歳でこの本を書き、

現在は小学校を卒業し、

12歳の哲学者と呼ばれています。

 

ある記事を見かけて、存在を知りました。

 

不登校を自分で選び、

自分で会いたい経営者や著名人に連絡を取り、

母親のFacebookから編集者にメッセージを送り、

この本の出版に繋がりました。

 

 

まず、すごい行動力

 

 

10歳で本を出版出来るなら、

自分ももっと色んなことが出来ると思って、

どんな本かと思い手に取りました。

 

 

一番印象に残っているのが、

本当に10歳が書いたの?

と思う言葉ばかり。

 

 

 

 

特に、下記は驚きました。

 

子供に〇〇をやってほしいから

「あなたができるのは〇〇ぐらいだから〇〇しなさい」と言うと、

子供はその言葉通り受け入れてしまう。

〜中略〜

もっと子供の凄さを認めて

うちの子すごいんですと言った方がいい。

子供はその言葉を受け入れて

そんな子になるんだと思う。

 

 

10歳の子供が、

子供を俯瞰して見ているメッセージ。

 

 

子育ての仕方を学んだのかな?

と思いました。

 

私は、

同じことをこちらの本を読んで知りました。

イラストでよくわかる 感情的にならない子育て

イラストでよくわかる 感情的にならない子育て

 

いつかこちらのブログも書きます。

 

 

 

話は戻り、

中島さんは

9歳から1年半書き続け、

悩んでいた昔の自分に

プレゼントする本を作りたかったそうです。

 

 

 

自分から自分へのプレゼント。

その数々の金言を味わった後に、

著者と編集者のあとがきを読むと、

よりぐっと来ます。

 

子供と関わる全ての人に読んでもらいたいです。

 

いじめの話、親子の話など、為になるものばかりです。

見てる、知ってる、考えてる

見てる、知ってる、考えてる