【テニス ラリーが安定する】初心者ほど腕に力入れろ!

テニス歴約20年のkwkです。

色んなブログや雑誌を読む中で、初心者に向けてあまり言及している情報が少ないので、

まずは初心者は腕の力を入れたほうが良いということを伝えます。

これと逆のリラックスして打つことと比較も入れていきます。

1、力を入れるとラケットが安定する

初心者の一番の悩みは、ボールをまっすぐ飛ばすことです。

右に飛んだり、左に飛んだりすると、ラリーが続きません。

ボールをまっすぐ飛ばすためにはラケット面の安定が必要です。

ボールとラケットが当たる際に面の方向が右だったり左だったりすると、

ボールはそのラケット面の方向に飛んでいきます。

卓球はラケット面が安定しているからまっすぐ飛ばしやすい

ラケットスポーツと言えば、テニスの他はバドミントンと卓球です。

特に卓球は英語でテーブルテニス(table tennis)とも言われているので、とてもテニスと似ています。

実際にテニスがうまい人は卓球がうまい人も多く、コートやラケットのサイズが違うだけでスイングは近く、

私も卓球部の友人と戦い、たまに勝てました。

卓球がコントロールしやすい理由は、ラケットが固いからです。

これがもし、こんにゃくのように柔らかいものならラリーのコントロールは難しいでしょう。

2、リラックスするとスイングのスピードが上がる

なぜ力を抜く指導があるの?

力を入れていると変なフォームになると思っているからです。

ずばりそれは間違いです。

変なフォームになる人は力が入っているからではなく、腕や体の動かし方が悪いのです。

リラックスしてフォームが良くても、面が不安定ではボールの飛ぶ方向は定まりません。

リラックスすることに効果はないの?

リラックスするメリットは、スイングスピードが速くなり、力の入れっぱなしよりも少ない力で効率よくボールにパワーを伝えられます。

面の安定性がすでにある、より速いボールを打ちたい、もっとスピンをかけたいと思う人に適するかもしれません。

私自身はプレー中リラックスして打ったことがないので、正直よくわかりませんw

3、軽いラケットがお勧め!面が安定しやすい!

初心者にはテニスが難しいと思うかもしれませんが、ラケット面が安定すれば必ずラリーが続くようになります。

そのためにラケット選びも大事です。

ラケットの重さは大体240g~310gです。

その差たったの70gです。

大体なすが80gらしいので、なす3個~4個分がラケットの重さですw

と思いがちですが、テニスラケットの重さは70gは別格で、

私は10gでも重くなると、「うわーこのラケット重たいな~」と感じます。

私がお勧めするのは、

力に自信がない人は250g~270g。

力が普通な人は270g~290g。

力があると思う人は290g~310g。

初心者の人はまずはそれで選んでみてください。

ぜひこの記事を読んでテニスを始める人が増えますように!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です