憂鬱でなければ、仕事じゃない。

アクセスありがとうございます。

憂鬱でなければ、仕事じゃない、読了しました。

幻冬社 代表取締役社長の見城徹さんと、

サイバーエージェント 代表取締役社長の藤田晋さんの

共著です。

見城徹さんは、

『徹の部屋』というAmebaTVの番組で初めて知り、

出版の世界で知らない人はいないくらい有名です。

特に、編集者として数々のヒット作を生み出し、

1993年に創業しました。

詳しくは、ウィキペディアで見てください。

見城徹 – Wikipedia

藤田晋 – Wikipedia

私が思うこの本の良いところは、2つあります。

①数々の金言がある

タイトル『憂鬱でなければ、仕事じゃない』など、

見城さんが仕事で圧倒的な結果を出すために、

圧倒的な時間を賭けて情熱を注いでいます。

編集者として結果を出すため、

経営者として会社で利益を出すため、

会社を買収から守るため、

様々な困難を乗り越えてきた方の言葉は、

やはり説得力が違います。

私が一番刺さったのは、

『顰蹙は金を出しても買え』

顰蹙を受けるということは、

注目されていること、

突き進むパイオニアを妬んでいること、

で、起こります。

興味ないやつがアホなことやってても、

誰も気にも止めません。

この言葉は、ずっと覚えていると思います。

②何より読みやすい

ページの構成がシンプルです。

1ページ:見城さんの金言

2ページ:見城さんの解説

3ページ:藤田さんの意見、補足

となります。

だから、途中からでも良いし、

心に刺さるページだけ読む事もOKです。

全て読んでも1時間かからないです。

最近だと、

堀江貴文さんの『多動力』のページ構成も似ていて、

30万部の大ヒットとなりました(もちろん内容も良いです)。

手にとって、

使う人の気持ちを考えてくれています。

仕事に憂鬱を感じている人、

もっと仕事を頑張りたい人にとっては、

とても良い本です。

会社に置いて、空き時間に1項目読むのも良さそうです。

憂鬱でなければ、仕事じゃない (講談社+α文庫)