毎日怒られていた私が本を読んで怒られなくなった【ホリエモンのゼロと家入さんの我が闘争】ご紹介

怒られまくっていたサラリーマンkwkですw

今から7、8年前くらい、会えば怒られる上司がいて、毎日怒られまくっていました。

本当に凹むし、仕事が嫌で、毎日「行きたくないな」「しんどいな」と思っていました。

そんな私ですが、自分を少しでも変えようと本を読み始めました。

初めはストレス解消、現実逃避の為の漫画で、そこから経営者のエッセイなど読み漁りました。

経営者の本を読み始めてから、

「あんなに輝いている経営者もこんな時代があったのか」

「そんな地獄を経験していて乗り切ったのはすごい」

著者の経験が本から頭に入り、頭に入ると身体、心にも伝わります。

そうすると、怒られている自分を「あの時のあの人と同じだ」「あの人もこんな気持ちだったのかな」と、客観的に見れるようになって冷静な自分でいれるので、どこか他人事のように感じて凹みづらくなります。

凹まなくなると、怒る相手も「こいつには言っても無駄だな」と思わせ、過度に怒られることが少なくなってきます(注意を受けることや指摘を受けることはあります)。

そうなればこっちのもんですw

だから今、毎日辛くて仕事に行くのが嫌だと言う人も、ストレスが減り、楽しめるかもしれません。

私がおススメする『ゼロ』と『我が逃走』を読んでみてください。

少なくとも、過去の私は今そうした結果、それなりに楽しく仕事が出来ています。

1、『ゼロ』堀江貴文

1,1ストーリー

ご存知ホリエモンこと堀江貴文さんの著書で、40万部を超える大ヒット作品です。

この本が刊行された直後、堀江さんがライブドア事件で収監され、2013年11月刑期を終了しました。

なぜ堀江さんが逮捕されたのか、なぜここまで仕事に対しストイックに進み続けるのか、その原点が赤裸々に書かれています。

特に堀江さんの家庭環境がすさまじさは驚きました。

たとえば、小学1年生の冬、学校から帰ってくつろいでいたときのことだ。祖母と一緒にこたつでテレビを見ていると、すたすたとやってきた母が仁王立ちでこう言った。

「貴文!これから道場にいくけん、準備せんね!」

道場?準備?なんのことだかわからないまま車に押し込まれて、販売店で柔道着を買うと、そのまま近くの警察署に隣接した道場に連れて行かれた。

中略

なぜ柔道なのか、なぜこのタイミングではじめるのか、せめて野球やサッカーじゃダメなのか、といった話はいっさい受け付けない。

とにかく、有無を言わさず「やれ!」なのである。

いや~厳しいですよね、これ。

少なくとも私は母からこのような命令口調で何かを強制されたことはありません。

それから中学に上がりパソコンにはまり、高校、大学と事業にはまっていく様子も書かれているので、

この本は堀江さんの栄光と挫折を知ることが出来ます。

1,2 この本で怒られなくなった経緯

私自身理不尽なことを言われたときは、堀江さんも親から言われた際はこんな気持ちだったのかなと思うことが出来て、怒られても凹まなくなってきたことが一つです。

そしてもう一つは、自信をつけることが凹まなくなる根っこになる、と思えたことです。

タイトルの通り、0→1を足していきやがて大きな数字へ成長していきますが、

まずは自分が0であることと、イチを足していく過程と結果が非常に大切だと学び、

とにかく小さい事の成功体験を積み重ね、自分に自信を持って行動できると信じることが出来ました。

今の職場でもミスや指摘は受けますが、以前の自分と違い自信を持っているので、

ミスしたことに対して、「じゃあ次から気を付けよう!」と思えるようになりました。

2、『我が逃走』家入一真

大手クラウドファンディング会社キャンプファイヤーの取締役で実業家の家入一馬さんの著書です。

レンタルサーバー運営する会社paperboy&co.を創業し、その後も数々の事業を行ってきた家入さんの経歴がわかる本です。

家入さんもpaperboy&co.で事業を大成功をさせた後、別会社を作って事業をしていましたが、

なかなかうまくいかず、やがて倒産してしまいます。

その倒産までの描写がリアルで一緒に働いていた仲間を雇っていけなくなっていく様子など、とても心が苦しくなり、家入さんが嫌いになってきますw

そこからまた地道に活動しつつ、クラウドファンディングサイトcampfireを設立します。

これだけ堂々と自分のダメさを語る本はないです。

3、それでもダメなら逃げるしかない

以上、私はこの2つの著書を読み、メンタル面で強くなったと自負します。

きついときに、このきつさを過ごした先に何があるのか経験している人の話を聞くのは、とても勇気になります。

筋トレした後の超回復的な感じですw

しかし、この2冊を読み、もしかするとそれでも怒られまくり、精神がやられるかもしれません。

そんな時はさっさとその会社から離れるべきです。

私も新卒で入った会社はわずか半年で退職しました。

しかし、今の会社で約10年働けています。

だから、読者の皆様も今の会社でなくてもきっと生きていけます。

ぜひ無理せず、仕事を楽しんでほしいです。
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です