[感想・書評]身の丈にあった勉強法 ロザン菅広文

アクセスありがとうございます。

菅広文さんの『身の丈にあった勉強法』、読了しました。

菅さんといえばロザンというコンビで吉本の芸人さんです。

相方の宇治原史規さんは、京都大学出身でよく、クイズ番組で優勝している方です。

おそらく宇治原さんの相方といった方が、分かりやすいかもしれません。

その菅さんは『京大芸人』など、他にも多数書籍を出していて、講演会などでも活躍されています。

『京大芸人』のブログはまたの機会に。

あまりテレビで見る機会は少ないので、笑顔が良いな、優しそうだな、ぐらいしか印象がなかったのですが、

キングコング西野亮廣さんがブログで、

お世話になった二人の一人に挙げていました。

キングコング 西野 公式ブログ – キンコン西野を作った男 – Powered by LINE

そこで、「この人そんなにすごいんだ〜」と思って、どんな考え方か知りたいな、と思ったのが著者を読むきっかけでした。

正直大人になって、中高生みたいな勉強はしないからなーと、しばらく積ん読していたのですが、読み始めたら止まらなくなってしまいました。

宇治原さんの話が引き合いに出てきますが、まぁ秀逸です。

勉強ロボ、鬼、馬など、厳しい表現をしていますが、なんとなくイメージ出来てしまうのと、そう書いても嫌な気持ちにならない菅さんのキャラクターがそうさせているんだと思いました。

お笑い好きの子供がいる親世代は、面白く勉強について考えさせられる本です。

なぜ人生で使わない数学や理科を勉強しなくてはいけないのか、受験のレベルをどうやって選べば良いかなど、なるほどなーと納得する事満載です。

ぜひオススメします!

身の丈にあった勉強法