[感想・書評]ヘンテコノミクス

アクセスありがとうございます。

雑誌BRUTUS連載の行動経済学まんがヘンテコノミクス、読了しました。

日常のよくある状況を行動経済学の視点から解説、解決する短編集が盛り沢山です。

POPで可愛らしい絵で読みやすく、しかも勉強になる良いビジネス本です。

23編のストーリーの中で、好きなストーリーは、

中学生の息子がいる主婦が、ご飯と梅干しのら日の丸弁当をいかに美味しく食べさせるか。

食べ物も環境によって美味しいかどうか左右されます。

しょっぱいものを食べた後は甘いものを食べたいように。

日の丸弁当を美味しく食べさせるための1通の手紙とは。

そして、もう一つ。

職場のマドンナをデートに誘ったネガティヴな男性の話。

会話も上手くいかず、デートも失敗。

占い師から否定の感情が強い事を指摘され、あるアドバイスをする。

それは今までの話し方を入れ替えることだけ。

決意を新たに再度デートに誘い、 話し方を変えお付き合いをし、ついには結婚する。

私もネガティヴなので、この話はとても為になりました。

極力、話し方の順番を意識しポジディブで終わるようにしています。

行動経済学と聞くと難しいイメージが先行しやすいですが、この漫画を読むと日常生活で「あぁ確かにあるある」と思うことが、「そういう事か」と納得し、意識して行動出来るはずです。

日常生活をよりよくしたい、恋人や家族とうまくやりたい人にオススメです。