[使い方紹介]Kindleでビジネス書を初めて読んだ!こんなに読みやすい驚きの機能5つ!

Kindle Unlimited を使い始めて、色んな本を読みました。

ただ実はその全てが漫画です。

その中でも、『ナニワ金融道』が一番面白かったです。

[感想]ナニワ金融道は金融と社会を教えてくれる漫画で大学生のうちに読みたかった

2018年12月6日

先日記事にも書きましたが、

1月限定でNews Picks Bookが配信され、こちらを読み始めました。

破天荒フェニックスです。

今、人気のメガネチェーン『OWNDAYS』の社長・田中修治さんの著書。

面白いビジネス書として話題になりました。

その感想はまた後日書きますが、

今回はKindleでビジネス書はこんな機能があるのかと、使ってみて初めて知りました。

ビジネス書は紙の本派だったのですが、これをきっかけにKindleを使ってみます。

ぜひ紙派の皆様も、私が驚いたKindleのお勧めポイントを5つ紹介しますので、お試し下さい。

1、音声読み取りがあるから、読まなくても良い

いきなりですが、Kindleは音声読み取り機能があるので、読まなくても本を読むことが出来ます。

文字をクリックすると色んな機能が出てきます。

範囲を選択し、下部の辞書を右にスライドします。

そうすると【翻訳する】という項目になります。デフォルトは日本語>英語なので、

英語をクリックします。

そうすると言語を選択できるので、日本語を選択

そして【翻訳する】の右側のスピーカーマークをクリックします。

そうすると選択された範囲が音声で読み取られます。

ただ、1ページずつ以上の事をやらなければいけないので、少々面倒です。

面倒なので、もっとスムーズに音声で読書したい方はAmazon Audibleがお勧めです。

Amazon Audible HP

2、文字が読みやすい、文字サイズが調整出来る

私はIPhone SEを使っています。比較的、小さい画面ですが、問題なく読むことが出来てます。

しかし、このままだと読みづらい、また文字のサイズを大きくすることも出来ます。

画面をタッチすると、上に色んな項目が出てきます。

Aaの記号をクリックすると、さらに色んなマークが出てきます。

小さい文字でAa⁻と大きな文字でAa⁺と書かれていますが、ここで文字のサイズを変更出来ます。

文字を小さくして観ました。

内容がぎっしりです。

これをすることで、1で紹介した音声でも多くの文字を読み取ることが出来るので、この機能は便利ですね。

3、マーカーが引ける

電子書籍はマークが出来ないと思っていました。

でも引けました。

範囲を選択。

赤〇をクリックします。

赤でマークが出来ました

青〇も同じです。

4、メモが残せる

電子書籍はメモが残せないと思っていました。

でも書けました。

範囲を選択します。

右から3つ目の□に✐マークをタッチ。

文字を記入すると、範囲の下にマークが出ます。

マークをタッチすると、メモが出てきます。

読み返したときに自分が何を思ったのか書けるのは便利ですね。

そして、紙で慣れていると隠れていることに違和感はありますが、まっさらな気持ちで読み返したいならむしろ隠れているほうが良いかもしれません。

5、背景を変更できる

背景が白がフォーマットですが、変更することが出来ます。

先ほどの文字サイズを変更できる記号の箇所です。

白、黒、セピア、緑色と書かれています。

黒をタッチ。

画面が黒くなりました。

次点、行間も変更できる

先ほどの画面で、縦に線が引いてありますが、その広い個所をタッチします。

広くなりました。

6、まとめ Kindleでビジネス書を読んでみよう!

機能が多く、ここまで読みやすいとは思っていなかったので、これからもっとKindleでビジネス書を読みます。

前述した通り、1月限定でKindle UnlimitedでNews Picks Bookが読めるから、今月だけでもお試しください。

30日間無料体験できますよ!

[1月限定] Kindle UnlimitedでNews Picks Bookが読める!

2019年1月6日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です