育児苦手なパパ必見!3歳の娘がスーパーで泣き叫んだ時の対応法

先日、買い物に行った時の事です。

娘がスーパーで泣き叫んでその場から動かなくなってしまいました。

いわゆるこういう状態です。

f:id:kwk05e3048:20180621094727p:image

私と同じように子供が泣き叫んで、困っている親御さんも多いと思います。

この記事はそんな親に向けて対処法をお伝えし、

少しでも子育ての負担が減ることを願って書きます。

こちらも合わせてお読み下さい。

子育てを楽にするために、父親が子供にやるべき3つのこと – kwk blog

目次

1.  根気よく対処する

1.1  まずは落ち着かせる

1.2  話を聞く

1.3  正論を伝える

2.   泣かせない工夫は必要だが子供は泣く

2.1  約束する

2.2  子供は大人になる為成長している

3.  パパにやってもらいたい

1.  根気よく対処する

1.1  とにかく落ち着かせる
f:id:kwk05e3048:20180621095913p:image

スーパーで子供はいろんな理由で泣き叫びます。

・勝って欲しいおやつが買ってもらえない

・ゲームセンターでもっと遊びたい

自分の意思が通らないと、

色んな感情が渦巻き、興奮状態に入ります。

そこでこちらがいくら正しいことを言っても、子供の耳には届きません。

まず子供の耳に届くように落ち着かせるようにしましょう。

1.2  話を聞く

f:id:kwk05e3048:20180621095951p:image子供は大抵理由を言いながら泣き叫んでいます。

「アイス買ってよーーー!!」

「もっと遊びたいーーー!!」

それについて共感し、オウム返ししましょう。

「アイス買って欲しかったんだね」

「もっと遊びたかったんだね」

それを聞いた子供が「うん」と言ったら、

こちらの話を聞いている証拠になります。

返事をさせて、

会話が出来る準備をまずは整えて下さい。

1.3  正論を伝える

f:id:kwk05e3048:20180621100043p:imageそこで初めてこちらの意見を伝えましょう。

「アイスばっかり食べるとお腹壊してしまって遊べなくなっちゃうよ」

「もうすぐ帰る時間に間に合わなくなっちゃうよ」

なぜ、子供の意見を聞けないのかを、

コンコンと理由を言ってあげて下さい。

それを聞いた子供がすぐに、

「分かった!じゃあ私帰る」と理解することはないでしょう(笑)

おそらく

「いーやーだー!」

となるはずです。

では次にどうするか。

また落ち着かせるに戻りましょう。

「そうか、嫌なんだね」

と言い、子供と会話をしていきましょう。

こちらが折れずに続けていたら、

子供もいずれ諦めて落ち着いて聞きます。

親の根気と自分が正しいことを言っているという自信が大切になってきます。

2.   泣かせない工夫は必要だが子供は泣く

2.1  約束する
f:id:kwk05e3048:20180621100134p:image

根気を保つため、子供に納得してもらうためにも、事前に起こり得そうなことは子供と約束しましょう。

スーパーに行く前に、

「この前お腹壊したから今日はアイス買わないからね」

「ゲームセンターに行くと帰りが遅くなるから、今日は行かないよ」

と、言っておくともしかしたら泣き叫ばずに済むかもしれません。

大人もそうですが想定していることが起こっても、

落ち着いて対処しやすいですね。

2.2  子供は大人になる為成長している

f:id:kwk05e3048:20180621100220p:imageと言っても、

子供は大人ほど脳が成長していないので、

論理をすぐに理解することは中々出来ません。

だから子供に対して話をするし、

絵本の読み聞かせもするし、一緒に遊んだりして、少しずつ鍛えていきます。

大人で「アイス買ってー」と泣き叫ぶ人はいないと思いますが、

自分のしたいことが出来なくて、怒る人は少なくありません。

今のうちにちょっとずつでも学んで、

大人になった時に困らないようにするのが親の務めだと思っています。

3.パパにやってもらいたい

f:id:kwk05e3048:20180621100313p:image泣き叫ぶ際の対処法を書きましたが、

おそらくですが子育てに大変なママは、

「そんなこと知ってるわ!」と返ってきそうな気がします。

なぜ知っててもやれないのか。

それは子供と毎日長く一緒にいて、

そんな気持ちの余裕がないからです。

子供や旦那の面倒を見ていて、

ちょっとでもスムーズに物事を進ませたいママにとって、子供が泣き叫び時が止まる瞬間は、

叫びたくなるほどストレスです。

私は先日久しぶりに一日中子供と二人っきりになりましたが、

この疲労感は仕事とはまた別レベルでの大変さがあります。

こちらも合わせてお読み下さい。

風邪ひいた娘と1日過ごしたら、妻への感謝が増した – kwk blog

だからこそ子供がスーパーで泣き叫んだらパパに対処してほしいです。

ママも一緒なら、

ママには買い物を進めてもらうか休むかしてもらい、

パパが対応してママをほんの少しでも楽になってもらいたいです。

親も子供も初めてのことばかりで大変ですが、

一緒に成長出来ると良いなと、心から思っています。

そのためには子育てに根気強く取り組む意思と、ある程度対処法を決めておくことが大事だと思いますので、ぜひ実践して見て下さい。