たった4分で出来る!後悔しない行動の方法

物事には必ずメリットとデメリットがあります。

世の中の常識や正しいと思われるものにも、必ず存在します。

メリットとデメリットを考え、

自分にとってメリットが大きいと思うものはやれば良い。

よく『失敗は成功の元だからとにかくやってみよう』と言いますが、

失敗は失敗です。

失敗によって評価が下がることもあれば、

周りから不満や悪口が出ることもあります。

そういうデメリットに対して、

メリットが上回るならやればいいんです。

そのデメリットとメリットを比較しないで、

挑戦しよう、頑張って飛び込んでみようは、ごく一部の天才だけです。

私は、そんな風にして行動しています。

だから読者の皆様も、

メリットデメリットを考えて、

後悔しない行動して欲しいです。

目次

①4分で出来る具体的なメリットデメリットの考え方

②可視化する事で客観性が生まれる

2.1整理される

2.2後悔しない決断をする

2.3自分の成長に繋がる

③全力を尽くせば後悔しない

①4分で出来る具体的なメリットデメリットの考え方

私のやり方は、こちらの本を読んでから。

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

この本では、

1分間のあることで出来るロジカルシンキングを行い、主人公の桃子が成長していくストーリーです。

そのあることとは、

書くことです。

やり方はとってもシンプルです。

用意するのはA4用紙とペンだけです

①用紙を横にして、考えたいテーマを一番上に書く

テーマ:ブログを書くメリットは?

f:id:kwk05e3048:20180620145139j:image

②その下に1分間で思いつくことを書きまくる

・言語化することで自分に文章を書く力がつく

・お金を稼げるかもしれない

・自分のブログにファンが出来て、嬉しい

f:id:kwk05e3048:20180620145252j:image

ただこれだけです。

これをデメリットも行うと、

一つの物事のメリットデメリットが羅列されます。

ただ必ずやって欲しいことは、

それをやるメリットデメリットと

やらないメリットデメリットも書きます。

それでやることとやらないことを整理し、

どちらのメリットが大きいかを比べましょう。

②可視化することで客観性が生まれる

f:id:kwk05e3048:20180620155925j:image
2.1考えが整理される

書くと誰の目にも分かるようになるので、考えが整理されます。

整理されると比べることや他の人の意見をもらえやすくなり、

メリットデメリットについてより考えが深くなります。

行動に対して結果は3通りです。

①やって成功する

②やって成功しない

③やらないこと

この3つの中で、

②と③で悪い方に転がった時のことを想定出来ます。

2.2後悔しない決断をする
f:id:kwk05e3048:20180620160118j:image

アップル創業者のスティーブ・ジョブズがこんな言葉を残しています。

「何をしないかを決めることは、何をするのかを決めるのと同じくらい大事なことだ」

ついつい私たちはやったことや挑戦したことを美徳としてしまいがちですが、

それと同じくらい、やらないことは価値が高いのです。

やらないと、

自分のやりたいことに時間が多く取れ、

失敗する不安やストレスがありません。

タバコを吸わないとか、

お酒を飲まないとか。

②やって失敗することと

③やらないことは

きちんと比べて決断すれば、

たとえ失敗したとしても後悔しないはずです。

2.3自分の成長に繋がる
f:id:kwk05e3048:20180620160325j:image

「なんであの時あんなことしたんだろう」

「なんであの時やらなかったんだろう」と後悔することは誰にでもあるはずです。

計画することや、
起こった結果に対して検証することは大事ですが、

後悔する時間は無駄です。

だからいかなる行動も、

後悔する時間を前向きな行動の時間に充てられれば、

経験値が格段に増え、成長に繋がります

③全力を尽くせば後悔しない

私は今でも失敗や怒られた経験はたくさんあります。

でも、このたった4分で出来る後悔しない行動の方法を行ってからは、

日々落ち込み、凹む時間はほとんどなくなりました。

それはその行動について

全力を尽くして考えているからです。

その行動についてその時の全力で考え、

やることやらないことを選んでいるので、

もうどうしようもないんです。

だからもしその行動を取る前に戻れたとしても、

全力を尽くしているから同じ行動を取るはずです。

漫画『宇宙兄弟』の主人公ムッタはこのように言っています。

f:id:kwk05e3048:20180620184035j:image

©小山宙哉/講談社

宇宙兄弟から学ぶ新しいリーダー論の記事はこちらから

もし皆様が何かに後悔しているのは、

その行動に対して手を抜いていたり、気づいているのにやらなかったからです。

読者の皆様には後悔しないために全力で4分間やってみてください。