仕事が遅い人は何があるかわからない未来を想像しよう

f:id:kwk05e3048:20180618065910j:image

通勤が遠くなった上に、

業務量が一気に増え、がっつり遅くまで働いております。

仕事量が増えると、

今までやらなかったようなミスが出たり、

信じられないような抜け、漏れが出やすいです。

今のところは大丈夫ですが、いつそうなってもおかしくありません。

そうならない為にも、

巧遅拙速という四文字熟語の通りです。

巧遅拙速
読み方:こうちせっそく

「巧遅は拙速に如かず」を四字熟語に略した表現。「巧遅」は、出来は良いが完成が遅いさま。「拙速」はその逆。時間をかけて良いものを作るよりは、多少出来が悪くても迅速であるほうがいい、といった意味の表現。

リンク先HP:リダイレクトの警告

とにかくスピードを速くして、業務の処理量を増やすこと。

仕事でミスばかりで上司から怒られる。

そんな人に読んで欲しいです。

そして、

自分への戒めとしてもブログを書きます。

目次

1.とにかくスピードアップ

2.拙速は怒られない

3.確認の為の仕組みとコミュニケーション

4.何の為にスピードを上げますか?

1.とにかくスピードアップ

f:id:kwk05e3048:20180618070005j:image

速いことは圧倒的に良いことです。

マラソンもそう、球速もそう、LINEのやりとりもそうです。

時間の価値が高まってきているので、

42.195キロを3時間で走るのと、

30分で車でかっ飛ばすのだと、

どちらが効率的か。

こと仕事に関していえば、

結果を出すことが一番に求められています。

ここでいえば、

42.195キロを走ることが目的なら車でかっ飛ばして、残り時間を他のことに使えた方が、

より良いです。

とにかく速く仕事をしましょう。

速くする項目としては、

  • タイピング
  • 資料を探す時間
  • 定期の提出書類
  • メール

この4つは、必ず速く出来ます。

速くするコツはこちらをご覧ください。

2.拙速は怒られない

f:id:kwk05e3048:20180618071622j:image

えっ?と思うかもしれないですが、

まず、怒られません。

それは提出物を

出さない人と遅れて出す人

が必ずいるからです。

その人達に比べて拙速の人は「まだマシだよね」と、

絶対に言われています。

とはいえ、

あまりにも質が低いと注意を受けることはあります。

注意を受け、次にきちんと活かせるか、

少しでも成長した姿を見せれれば、

怒られないから、安心してください。

3.確認の為の仕組みとコミュニケーション

f:id:kwk05e3048:20180618071855j:image

そう言っても人間だから忘れることは絶対あります。

だからこそ思い出す仕組みが必要です。

スマホでは

私が使用しているGOTASKSや、

iPhoneのリマインダー機能が有名です。

そうして忘れた後でも教えてくれる機械に頼りましょう。

普段コミュニケーションも大事です。

ただ、ビジネスパーソンは仲間に

よくよく話してあげてください。

仲間がリマインダーとして機能してくれると、

チームとしてのミスは無くなります。

4.何の為にスピードを上げますか?

f:id:kwk05e3048:20180618072024j:image

色々書いてスピードアップって大事なんだと思ってくれたら幸いです。

最後は管理職向けに一言。

ミスをなくす為には、

ミスをなくした先に何があるかを想像させてください。

私が以前の職場にいた時は、

報告書や提出物の管理をほとんど行っていました。

私ばっかりと思わず、嫌ともなんとも思いませんでした。

それは役割分担を自分に課していたからです。

上司は売上を上げる為に常に模索していました。

模索する為には考える時間がないといけないです。

上司が考える時間を捻出する為に、

私がやれることは全てやろうとし、実行しました。

それが、この仕事場で結果を残す為の最善だと思いました。

だからこそ、皆さんも

「何のために今この仕事をやっていて」

「どうやったら売上が上がる」かをよくよく考えて下さい。

スラムダンク安西先生も

『お前の為にチームがあるんじゃねぇ。チームの為にお前がいるんだ。』

と言っています。

チームの為に最善なことを、

巧遅拙速でやり続けること。

それで仕事のスピードが変わり、

評価も変わるはずです。

良かったら合わせて読んでください。

時間も浪費しているという考えが必要だ – kwk blog