あだち先生のメルマガvol6 世の中のなぜを考えよう

あだち先生のメルマガvol6刊行されました。

毎週の20,000字を越すボリュームに質も高く、読者は確実に成長していることが想像つきます。

今回のメルマガのテーマは『世の中の隠されている理由を考えよう』というもの。

3つのポイントでまとめます。

1、童話の最後の不思議?オチを伝えない理由がある

浦島太郎に学ぶ童話のラスト

童話は最後まで伝えていなくて、よく分からないオチになっていることも多い。

その最たる例が浦島太郎。

あだち先生はこう語っています。

浦島太郎も同じ様なもの。

そもそも浦島太郎という物語は
何が言いたいのか全く分からない
という人も多い。

亀を助けた浦島が竜宮城に
お礼として連れて行かれ、
時間を忘れて楽しんだ。

結果、
数百年の月日が流れて戻っても
誰もいなくなってしまった。

絶対に開けてはいけないと
言われた玉手箱を空けて老人に
なってしまう。

弱き者を救ってお礼をされたとしても
楽しみ過ぎたら罰が下ると
言いたいのだろうか。

贅沢は敵だという江戸から始まる
考え方に由来したエピソードと
言えるのかもしれないが
そんなひどい話があるかという童話。

本来の物語の終盤には続きがある。

どんなオチかはネットで調べてみてください。

複雑なラストになっていて、それを省いているのは子供に理解してもらうため。

浦島太郎のオチを複雑な恋心を描いていて、正直理解するのが難しい。

特に、子供には難易度が高い。

だから、本当のオチまで辿り着かず、途中で終えているのです。

ただその結果、何を伝えたいのかよく分からなくなっていますが。

私たちはどうか?最後まで話さない

私たちもそうですね。

子供に話を聞かせるとき、

そんなに親しくない友人であれば、大部分を説明しないですね。

「どういう経緯であの人と付き合ってるの?」

「今まで何人と付き合ってきた?」

説明する必要のないものをわざわざ伝えるのも面倒だし、それが恥ずかしいエピソードなら尚更ですね。

ビジネスでも同じだとあだち先生は言っています。

……………必ず儲かるビジネスの勧め……………
「絶対」「楽に」「簡単に」
「作業は1日30分」
「毎日2クリックするだけで」
「100万円振り込みます」
「秒速で不労所得が月30万」
何でもいいが不気味な文言で
誘われる儲かるビジネス。

はっきり言ってしまおう。

そんなもの有りはしない。

簡単に稼げるビジネスなんて存在していなくて、

それがあるように仕向けるのは、意図があるから。

その意図とはもちろん、大元が稼ぐ為です。

それを隠して、『楽に』『簡単に』と伝えて、騙そうとしている。

騙されちゃいけないです。

2、収入の3本の柱を作る

どうやって稼ぐかといえば、コツコツコツコツ積み重ねていくしかありません。

その上で、あだち先生は収入の柱を複数作ることをオススメしています。

富裕層に入りたいのなら、
収入の柱を7本持つのが良いと言う。

中略

以前Twitterでも話したが、
サラリーマンならまずは
3本の柱を考えて取り組むのが
お勧めではないかと思っている。

その3本の柱とは何なのか?

どう言ったものがオススメか。

こちらです。

サラリーマンなら、
▽人と一緒に稼ぐ(サラリー)
▽自分一人で稼ぐ(副業)
▽自動で稼ぐ(投資)
というのがスタンダードになる。

現在、私もサラリーマンをやりつつ、もう一つ収益の柱を作るべく奮闘中。

今のところ全然上手くいっていないが、自分のペースでコツコツやり続けていく。

3、教える人から教わりたいか

教えたい人がいる。

塾、セミナー、学校。

教わりたい人がいる。

だから、塾やセミナーや学校に人が集まる。

ただそれは教えたい人から『私が教えるので教わってみませんか?』と言って、教わる人はいない。

教わりたい人が『お願いします!』と教えている人に言って成立するもの。

私の仕事も人に教える仕事。

ですが、教わりたい人もいれば、教わりたくない人もいる。

教わりたい人にはきちんと教え、教わりたくない人にはさわり程度にしていく。

この辺を見誤る人は多い。むしろ私が見誤っているのかもしれない。

上司や部下を見ているとそう思う。結局はコミュニケーション能力が必要とされている。

信頼関係を結ぶ上で大切なことはコミュニケーション能力。

あだち先生も自分が教えるときの基準をそう語っている。

私が重視するのは最低限の
コミュニケーション能力。

後は相手の立場に少しでも良いから
立てる人間か否かという点が大切。

やる気のある無しは
実際のところ時間と共に変化していく。

あまり信憑性が無いもの。

それよりも、
人間としての基本スタンスが
近いかどうかという方が重要。

・人間としての基本スタンス

改めて考える。

自分にとって基本とは?

仕事にとって基本とは?

その上で仕事をしていきたい。意見が合う人と仕事をすれば楽しめる。

4、あだち先生のメルマガは社外に人脈がいないサラリーマンこそ必読すべき!社会との関わり方を教わる

多くのサラリーマンが、会社だけの人脈になっている。

私もそう。

社外で繋がっている人は皆無。

会社だけの人脈になると、その会社内でうまく仕事が出来るスキルに集中してしまう。

そうじゃいけない。

どこでも通用する人材とは、どこでも稼げる人材になること。

会社だけの人脈になっている人は、自ら学びに行かなければいけない。

その第1歩としてあだち先生のメルマガは超おススメ。

週に1回。自分のことを振り返る。

私もまだまだ。もっと学び、もっと実践していく。

そんなことを思わせてくれる、メルマガにありがとうを伝えたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です