[20歳に教わった]お金よりも大切な3つのこと

仕事中、20歳のフリーターと色々な話をしてみた。

その20歳は高校卒業後、地元の佐賀から上京し、東京で仕事を始める。

その後箱根で働き、今は神奈川の川崎で私と一緒に働いている。

学生時代はやんちゃしていて、今でもバカ騒ぎしながら遊んでいるらしい。

夜通し飲みに行くのもざら。

理由は聞かなかったが、現在は飲み会で知り合った外国人を家に入れているらしい。

憎めない性格で、面白そうに話をする姿から人気が高い愛されキャラ。

人懐っこい性格と裏表内言動が面白く、それでいて義理人情やマナーはちゃんとしている。

私が出会った若い青年の中でも不思議な奴で、楽しんで日々を過ごしているのが伝わってくる。

そんな青年と2,3時間ぐらい仕事をしながら話していた。

なんの話かといえば、自分のビジネスについて。

まだ明確に決まってはいないようだが、自分でビジネスを起こしたい。

その為に今はいろいろ学んでいて、それが面白い。

その一つの話を紹介しよう。

それは、人生でお金は4番目に大切なこと。

本で読んだ話だそうだが(何という本か忘れた)、彼が自分の考えに昇華し話しているのを聞いて、記事にしたくなりました。

そしてその内容は、彼が体現している話でとても印象に残りました。

1、20歳から教わったお金より大切な3つこと

あくまでもその青年から教わったことなので、独断と偏見が入っていますw

3位、友人

心を通わせた友人がいれば、本当にピンチの時にはお金を貸してくれます。

またお金を使う際に、1人で使うことには限りがあります。

しかし、誰と行動するかで、そのお金を使うことには限りがありません。

友人と行くディズニーランドと恋人と行くディズニーランドは違います。

しかし、1人で行くディズニーランドはそこまで大きく変わらないでしょう。

だから、お金よりも友人の順位が高いです。

2位、夢

人は死ぬために生きています。

じゃあ生きている間にどんな思いで生きていくか。

老後を楽しく生きる為に今頑張る。その頑張りが我慢することかもしれません。

老後まで生きられる保証はどこにもない。

それだったら毎日バカやって楽しんでいる方が前へのエネルギーは強いのではないか。

夢に向かう。

その青年が夢に向かっているかは微妙な所ですが、

夢を捨てて、現実に向かう姿勢にどこにエネルギーがあるのか。

夢に向かい全力を尽くす。そうしたら応援してくれる人がいるかもしれません。

そうすればお金を支援してくれる

クラウドファンディングもあります。ベンチャー企業が大手企業から出資金を出してもらう話もざらです。

1位、家族

唐突にクレヨンしんちゃんの話をされました。

しんちゃんの父、野原ひろしの夢を見ている話です。

その夢はひろしにとって、とても幸せな夢です。

どんな夢か。

金髪水着美女と遊んでいます。

クレヨンしんちゃんでは、そんな描写がしょっちゅうです。

しかし、その後はひろし達が生活している春日部が出てきます。

「なんで春日部が?」そう思っていたら、ある病院に向かっています。

その病院の病室には、妻みさえの姿が。

苦しそうにしているみさえは、今まさに出産しようとしていました。

やがて元気な赤ちゃんが生まれます。

それが野原しんのすけの誕生でした。

夢は大切ですが、家族はもっと大切だと象徴するエピソードです。

クレヨンしんちゃんの映画は感動するものばかりですが、

特に『オトナ帝国の逆襲』は感涙必死です。

この映画でも夢の話と家族の話が出てきます。

またいつかご紹介します。

2、20歳の話は記事に書けるほど覚えている

この話は、良くある話です。

「お金よりも大切なことがある。」

「いやいやお金は大切でしょう。」

対立する議論でかなりポピュラーなものです。

お金よりも、友人、夢、家族が大切。

大学生が語るなら、それはチープなものにしか聞こえません。

しかし、彼が自分で生計を立てて、それでもなお人生を楽しみ、これからの自分に期待を持って進んでいく姿と、

この話を自分事として受け止めることで、とても強く印象に残りました。

3、33歳サラリーマンが彼から学んだこと

彼のような生き方をしている青年に出会ったことがなく、話していてとても楽しかった。

もっと教わりたいことがあるし、私からも伝えたいことがある。

今回の話で彼から学んだことは、

お金は大切だが、それよりも大切なことを知っていて、それを実践していると説得力があること。

(家族の話はクレヨンしんちゃんなので置いといてください)

それだけ彼がどんな人生を歩んできたかということが、話の芯にある大切なことでした。

20歳の青年から学ぶ、他人への伝え方は、いかに自分が体現しているかということ。

これからも人生楽しんでいきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です