10連休明け仕事の疲れは笑いで飛ばす!笑顔を作る2つの方法!

ゴールデンウィークをどのように過ごしましたか?

世間は10連休というのに、私はほぼ変わらない1週間を過ごしました。

さて、今回の記事はゴールデンウィーク休みを満喫し、休み明けの仕事の疲れが出ているパパに向けて書きます。

どうしても楽しかった思い出や旅行を満喫した後、

通勤電車に乗って、遅くまで仕事をしていると、

ゴールデンウィークの思い出が蘇り、なんだか憂鬱な気持ちになってしまいます。

それが長く働いている方は慣れているかもしれませんが、今回は10連休。

10連休はいまだかつて経験したことない長い休みな人も多いでしょう。

そうした憂鬱な気持ちを払拭するには、笑いが一番です。

楽しいことを体験していけば、明日からの仕事、来週からの仕事に弾みが付きます。

ぜひ楽しいことに力を注ぎましょう。

この記事を読んでもらいたい対象者は、

この記事の対象者

・明日、来週の仕事が憂鬱なパパ

・通勤電車が体力と精神がやられているサラリーマン

です。

ぜひ明日からも仕事に精力的に取り組めるように試してみてください。

1、人は喜怒哀楽の感情は1つしか出てこない

感情の、喜び、怒り、哀しみ、楽しみは、1つしか人間出すことが出来ません。

喜びながら怒っている人は、喜んでいるか怒っているかどちらかです。

泣きながら笑っている人は、悲しんでいるか楽しんでいるかどちらかです。

竹中直人さんの笑いながら怒る人というギャグがありますが、確実に楽しんでいますw

竹中直人さんYouTube 3:42~

https://www.youtube.com/watch?v=Re8MHI_Do94

疲れていて陰鬱な気持ちでも、面白いことを経験すると徐々に楽しむ感情になっていきます。

面白いことが終わってしまうと戻ってしまうかもしれませんが、

それを定期的に面白いことを繰り返していけば、どんどん感情が楽しむ瞬間が増えてきます。

楽しんでいると段々ポジティブになってきて、仕事も積極的に取り組めるようになってきます。

だから疲労や悲しんでいるとき、怒っているときはどうやったら笑顔になれるかが大切なのです。

2、とにかく自分が好きな人、楽しめる人と一緒に過ごす

仕事の疲れだから仕事で楽しめるなら苦労はいらないはずです。

苦手な上司、気を遣う取引先、何考えているか分からない部下・後輩。

人間関係で苦しんでいるならなおさらです。

なかなか難しいかもしれませんが、極力仕事中もプライベートも自分が好きな人、楽しめる人と時間を過ごすことです。

直接仕事の関りがない面白い人、上下関係に厳しくない先輩、いつも笑ってくれる女子社員。

また、小さいお子さんは笑顔の事が多いから、お子さんと長く時間を過ごすことも大切です。

私は休日はほとんど子どもと過ごしています。

疲れていても、子どもが笑っていると、こっちも笑顔になっています。

すべり台好きな我が子

気の置けない友人と過ごすことも大切ですが、奥様と子どもを大切にしないと結果ストレスになりますから、やるなら要注意ですよ。

3、テレビなら『人志松本のすべらない話』がおススメ

家から出ないインドア派の人は、様々なコンテンツで楽しみましょう。

好きな映画、好きなドラマ、漫画、アニメ、小説などなど。

様々な時間の使い方がありますので、自分が好きなもとを選んでください。

ちなみに私は『人志松本のすべらない話』に絶賛ハマり中です。

人志松本のすべらない話公式HP

Amazonプライムビデオなら10回分(#18~#26、#28)観ることが出来ます。

私は、必ず通勤の際、最寄り駅のホームから仕事場まで歩いていくときに聴いています。

思わず笑顔になり、仕事場まで楽しく歩けています。

ふとした空いた時間に観て、1回のすべらない話だけでも十分に楽しめます。

個人的には疲れているときほど、小藪一豊さんの話が大好きです。

他人と笑いに厳しく、絶妙に悪く言う話がたまらなく面白いです。

スノボ行った話、吉本新喜劇の話、妹の旦那の話。お勧めです。

Amazonプライム・ビデオの登録はこちらから

Amazonプライムビデオでクレヨンしんちゃんの映画が見放題!

2019年4月18日

4、疲れは笑いで飛ばすまとめ

疲れていて何もしたくない時、どんどん陰鬱な気持ちになっていくのは誰でもあります。

そんな時にも仕事は関係なくやってきます。

少しでも楽しく仕事をしたいと思っている人はほとんどで、それでもなかなか楽しめない人にぜひ試してもらいたいです。

・人間の感情は喜怒哀楽の一つだけ

・自分が好きな人、楽しめる人と過ごす

・人志松本のすべらない話がおススメ

です。

ぜひ明日の仕事、来週からの仕事でお試しください。

Amazonプライム・ビデオがおススメ!低価格で家族で楽しめる最強コンテンツ5つの理由

2019年3月20日

毎日怒られていた私が本を読んで怒られなくなった【ホリエモンのゼロと家入さんの我が闘争】ご紹介

2018年8月12日

通勤電車内で勉強したい人へ、込み具合別勉強法のご紹介

2018年7月23日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です