34歳1児のパパが第2子が産まれる前に本気で転職を考えたその理由

約5か月ぶりの更新となります。

こんにちは、kwkです。

早速ですが、タイトルの通り、本気で転職を考え始めました。

それは、待望の第2子が産まれるからです。

予定日は12月1日。あと、2カ月です。

正直ずっとウダウダしていました。

あーでもない、こーでもないと考えてはどうしたら良いんだろうとさまよう日々。

ですが、ようやくここ1カ月でリアルに行動を開始するようになりました。

後日、どんな行動をしているかは記事に書くとして、

今回の記事は、

なぜ第2子が産まれる前に転職を考え始めたのか、ということを記事にしていきます。

妻には、異動希望を出している、という話はしていませんが、

おそらく本気で転職を考えていることを知ったら、びっくりすると思います。

この記事は、

『仕事を頑張っている全てのサラリーマン』はもちろん、

『子どもが生まれたばかりの新米ママさん』にも読んでもらいたい記事です。

「子供が産まれたら、そんなことを考える人もいるのか」とか、

「今まで知らなかったけど、夫はこんなことを考えているかもしれないのか。」

と、そう知るだけで、準備するのが早くなり、色々な選択肢を探せるかもしれません。

参考にしていただけるとありがたいです。

1、34歳1児のパパが第2子が産まれる前に本気で転職を考えた理由

それは、家族を守るためです。

転職を考えたことは何回かありますが、家族の為に思ったことは正直初めてでした。

このままだと家族が潰れてしまう。

妻が第2子を妊娠してくれてとってもとっても嬉しいのですが、一方で危機感を感じました。

どうやったら家族を守れるのか。今の仕事のままだと厳しい。

そう思い始めました。

2、34歳1児のパパ(kwk)の現状はどんな感じ?

kwkの現状をお伝えします。

近い環境の人も多いのではないでしょうか。

週5日勤務(平日1日、日曜日休み)、年収400万、残業時間50時間超、通勤1時間半、祝日も関係なく仕事。

妻も週4で働いている。夜勤あり(現在は妊娠後期の為やってない)

娘は4歳で幼稚園に通っています。幼稚園の後に保育園に行っています。

3、妻が妊娠すると変化する3つのこと

妻が第2子を妊娠すると家庭の環境はガラッと変わります。

私と同じ、第2子が産まれるパパは以下の3つの事を意識しておいてください。

①妻の体調

第2子の妊娠は、第1子の時より、つわりが楽になる傾向にあるそうです。

妻も第1子の時より楽だったと言っています。

しかし、私にはそう思えませんでした。

毎日体調を悪そうにしていて、しんどそうな顔をしています。

仕事から帰ってきて子どもと一緒。私は仕事の為、帰ってくるのは12時過ぎるのがほとんどです。

ワンオペがほとんどです。

土曜日も1日中子どもと一緒。

体調が悪い中、元気な子どもの面倒を見るのは、どれだけ大変か経験したことのある人は大変さがわかるでしょう。

【実録】3歳児と初めて電車に乗ってみた。妻の苦労がさらに身に染みたのと、色んな人に優しくされた

2018年9月27日

②子供の甘え方

妻が体調が悪くなると、子どもの様子も変わってきます。

妻にかまってほしいから、色んなことを始めます。

『積極的に甘える』『かまってほしくていたずらする』『遊びに行けないからストレスが溜まる』などなど。

子どもにとっても辛いんです。

③自分のスケジュール、仕事への集中力

そして最後は私、夫です。

妻の体調が悪くなれば、必然的にやることが増えていきます。

うちもそうですが、妻が今までどれほどやってくれたか感謝する気持ちでいっぱいで、

家事をやるにも、子どもの面倒を見るのもやっていました。

しかし、仕事の疲れと重なると、要所要所で疲労困憊の為ダウンすることも多かったです。

そしてさらに日常の疲労が仕事にまで影響が出ています。

集中力が低下し、ミスを連発。

連発するからモチベーションも下がって来て卑屈になる。

………本当にきつかった。

イライラすることも多く、

仕事の疲れが家庭に出て、家庭の仕事が仕事に影響していました。

自分にもっと体力があれば、仕事の大変さが少しでも減るような取り組みをもっとしていたらと悔やんでばかりです。

この3つの事が、転職を考え始めてきっかけでした。

4、転職をすればすべてが変わるわけではないが、自分が出来る選択肢を精一杯まずは考えてみる

現在のこの状況を変えるために出来ることは全てやってみようと思ってきました。

その一つがまさに転職活動です。

正直に言うと、今の仕事は本当に好きで楽しいので、そのまま続けていきたい気持ちが強いです。

またもし希望の転職が出来たとしても、慣れない仕事や環境でストレスが増えて、全てが良い方向に転がるかは分かりません。

ですが、家庭が壊れる可能性があるまま続けるほどかと考えると、家族が一番大切だと気付きました。

転職しないでうまく行く道も探しますが、そのためにも自分が出来る全ての活動を整理し、行動していきます。

5、34歳1児のパパが第2子が産まれる前に本気で転職を考えた理由まとめ

まとめると、

まとめ

・第2子が産まれる前に転職を考え始めた理由は、家族を守るため。

・現状は、通勤時間が長くて、家にいる時間が短い。

・妻が妊娠すると、妻はもちろん、子どもと夫も変化する。

・転職が一番いいかは分からない。だからこそ調べて行動してみる。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です