超軽量!カバンに入るチャイルドシート!スマートキッズベルト

この商品をご存知でしょうか?

これは、スマートキッズベルトと言います。

超軽量で持ち運びが出来、シートベルトに取り付けるだけでチャイルドシートの代替え品になるものです。

使ってみた感想は、超絶便利です!

これさえあれば、チャイルドシートがなくても子供を安全に車に乗せることが出来ます。

スマートキッズベルトを使ってみた感想を記事に書いていきます。

『スマートキッズベルト』が安全・最小・ポケットサイズのチャイルドシートの代替え品

これが箱の中身です。

『えっ、たったこれだけ、ただのベルトじゃん』そう思うでしょう。

そうです、ただのベルトです。

でもこれをつけることでチャイルドシートの代わりになることが、法律で定められています。

スマートキッズベルトの取り付け方は?

シートベルトに、このスマートシートベルトを取り付けるだけです。

順序としては、

①子どもにシートベルトをつける。

②シートベルトのお腹の部分にスマートキッズベルト下部クリップをつける

③スマートキッズベルトの長さを調整する。上部クリップが子どもの肩の真上に来るように長さを調整する。

④上部クリップを固定する

以上です。

たった4つの手順で終わります。ものの20秒で終わりますね。

スマートキッズベルトの対象年齢は3歳~?

子供の年齢別にチャイルドシートを分けていくと、

①新生児~1歳 ベビーシート

新生児で使う人がほとんどです。子供を寝かせた状態にするので、首が座っていない子でも安心です。

②9カ月~4歳 チャイルドシート

一般的なチャイルドシート。車のシートの上に、がっちり小さい車のシートを乗せて、シートベルトで取り付けします。

ベビーシートみたいに倒せるタイプもあるので、対象年齢は幅広い物もあります。

うちもチャイルドシートはベビーシートと兼用できるタイプを使っています。

③4歳~10歳 ジュニアシート

車のシートの上に座布団みたいに乗せるタイプです。

主に、チャイルドシートだとちょっと狭そうだというお子様はこのジュニアシートを使う人が多いようです。

最軽量のチャイルドシート『スマートキッズベルト』のお勧めの方は?

そもそも家のチャイルドシートがあれば、スマートキッズベルトを購入する必要はありません。

だから、どんな方にスマートキッズベルトはお勧めなのか…

それは、2人目の子どもが産まれる人です。

そうです。うちですw

うちは4歳の娘がいて、もうすぐ2人目を出産する予定です。

そこで、妻と娘は妻の実家に帰ることになりました。

うちの車にはチャイルドシートがありますが、妻の実家の車にはチャイルドシートはありません。

そうです。ここでスマートキッズベルトです。

妻の実家の車にスマートキッズベルトを取り付ければ、簡単にチャイルドシート代わりになります。

また2人目の子どもが産まれて、家族4人暮らしになったときも、

今まで使っていたチャイルドシートを2人目に、4歳の娘はスマートキッズベルトで済むので、何てラクチンなのでしょうか。

スマートキッズベルトそのほかの対象者は、レンタカーをよく使う人

ただ、今のご時世、車を持っていない家庭もありますし、シェアリングエコノミーで十分という方も多くいます。

また遠出した際に、電車や飛行機で現地につき、そこからレンタカーを使う人もいますね。

レンタカーでチャイルドシートを借りれることもありますが、大抵オプションとして別途料金がかかります。

各社調べると、大体1日チャイルドシートを借りると、500円前後です。

スマートキッズベルトを一つ買えば、ずっと使えるので、レンタカーを使う人によってはこちらがお得ですね。

最軽量のチャイルドシート『スマートキッズベルト』を使う人の声

スマートキッズベルトの価格は?

4500円前後ですね。1本あれば、持ち運びも出来るので、本当にお得です。

お友達の方に一緒に買ったり、もしプレゼントで購入する際は2本でもありですね。

2本だと1本よりもかなり買い得ですね。

チャイルドシートの使用は義務。罰則は交通違反点数加点1点

子供に対して、ベビーシートやチャイルドシートは法律で義務付けられています。

6歳未満の子どもにはチャイルドシートをつけていないと、交通違反として1点加点されます。

罰金は支払わなくて良いようですが、子どもの命のことを考えたら、必ずつけていくべきです。

ちなみに車のシートベルトは140cm未満の子どもには不十分な構造とのことで、身長も考慮し、チャイルドシートを使ったほうが良いでしょう。

 

最軽量のチャイルドシート『スマートキッズベルト』のデメリットは子供がゆったりできない

唯一、スマートキッズベルトのデメリットと言えば、子どもが通常のシートを座った際に足がのばせるかどうかです。

小さい子供がシートベルトを付けた際に、シートにほとんど足が乗った状態が続くと足への疲労も溜まりやすいです。

お子様の身長や、シートの長さなどを考慮したほうが良いと思います。

最軽量のチャイルドシート『スマートキッズベルト』まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

. シートベルトが手軽に子供用に変身! ヨーロッパの厳しいテスト(EU・US基準)を経て安全認証を取得、国内でもEマーク適合を認められた世界で唯一の携帯型子供用シートベルト(重量わずか120グラム)。 旅先のレンタカーやタクシーなど利用場所を選びません。 適用体重:15~36キログラム、適用年齢:3~12歳、製品重量:約120グラム、安全基準:Eマーク適合(日本)、道路交通法第71条の3第3項適合(日本)、213適合(US)、4404適合(EU)、参考価格:4,980円(税別) . . . #神奈川トヨタ湘南藤沢店 #創業80周年 #スマートキッズベルト #安全装備 #トヨタ #TOYOTA #湘南

神奈川トヨタ湘南藤沢店(@ktshonanfujisawa)がシェアした投稿 –

・最軽量のチャイルドシート『スマートキッズベルト』はチャイルドシートの代わりになる

・スマートキッズベルトを使えるのは3歳~

・スマートキッズベルトのおススメしたい人は、2人目が産まれる家庭とレンタカーをよく使う人

・価格は4500円前後、2本買うとお得。

・スマートキッズベルトに合っていない人は、子どもがシートに座ると足が伸び切っちゃう子。

いかがでしょうか?ぜひスマートキッズベルト、おススメします。

自分の子どもの命を守るために、お知り合いの子どもの命を守るために、おススメ出来る商品です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です