同一労働同一賃金とは?簡単・わかりやすくワーパパが解説!

2020年4月から始まる同一労働同一賃金について解説していきます。

「あーなんとなく知っているけど、結局なんかよくわからない」という方が多いと思います。

私もその1人でした。

ですが、知れば知るほどこれが4月から襲い掛かってくると思うと、恐怖でソワソワしています。

4月にそうならないためにも、ぜひ同一労働同一賃金について知ってもらい、その対策を考えた行動をお勧めします。

1、同一労働同一賃金は働き方改革の1つ

なんとなくイメージはついている方も多いと思います。

同一労働同一賃金は、同じ仕事をした場合は同じ賃金にしましょう、ということです。

正規雇用、非正規雇用に関わらず、年齢や国籍など含めての範囲となります。

欧米では当たり前となっている制度です。

特に色んな国籍が集まるアメリカでは、国籍によって差別する文化があり、それを同一にするためこの制度を導入しています。

厚生労働省のガイドライン発表では、

同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期限雇用者)と非正規雇用労働者(パートタイム労働者、有期雇用労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すもの

とされています。

大企業は2020年4月から、中小企業は2021年4月から導入されます。

2、同一労働同一賃金は正社員の危機

非正規雇用者にとっては待遇が良くなるチャンスで、喜んでいる人がほとんどだと思います。

それもそのはず。

2018年の発表では、非正規雇用労働者は労働市場全体の40%を占めていると総務省は発表しています。

だから、非正規雇用労働者にとってはビッグチャンスとなります。

しかし本当にそうかは、まだ分かりません。

それは、非正規雇用労働者の待遇を良くするお金はどこから出てくるのか、です。

政府ではありません。現在、働いている企業がそうしなくてはいけないんです。

企業側からすると、非正規雇用を雇っている理由は、賃金が安く労働力が手に入るからです。

非正規雇用労働者の金額を上げなくていけないと思うと、対応に困っているところがほとんどではないでしょうか。

そんな企業がどうするかというと、「正規雇用労働者を非正規雇用労働者に合わせよう」となるのです。

実際に、すでに取り組んでいる企業がそのように発表しています。

それは日本郵政です。まさしく正規雇用労働者が非正規雇用労働者と同じ待遇になりました。

具体的には正規雇用労働者の住宅手当を廃止し、非正規雇用労働者に一部手当を付与しました。

他には、NTTが食事補助を廃止することとしています。

3、同一労働同一賃金は会社にとって劇薬!?

同一労働同一賃金によって、正社員の価値が下がるのではという懸念もされていますが、会社にとっては劇薬となるかもしれません。

それは非正規雇用労働者で能力が高い人材は評価が上がり、正規雇用労働者で能力が低い人材は評価が下がるからです。

評価が下がる最後は、リストラとなります。

今は、企業が黒字でもリストラすることは珍しくありません。

キリンホールディングスが2018年度最高益を出したのに、2019年に45歳以上の社員を対象に早期退職の募集をしました。

それは、『バブル世代の退出と若手への投資』とダイヤモンド編集部はしています。

今後、同一労働同一賃金が施行されていくと、リストラの流れは進むかもしれません。

しかし、誰がリストラや退職するは会社によってまちまちですし、シンプルに人員削減により、1人1人の業務が増大化することは想像できます。

つまり、ホワイト企業でもブラック企業となる可能性があるということです。

もしかするとベテラン社員を削減し、優秀な若手が活躍していけばV字回復するかもしれないので、企業にとってどうなるかは経営者の腕の見せ所です。

私のような正規雇用労働者は、リストラされるかもしれない覚悟を持って、会社を去るかもしれない準備をしていった方が良いでしょう。

4、同一労働同一賃金とは?まとめ

同一労働同一賃金とは?簡単・わかりやすくワーパパが解説!まとめ

〇同一労働同一賃金とは、正規雇用労働者と非正規雇用労働者の不合理な待遇を解消するもの

〇非正規雇用労働者には待遇改善のチャンスだが、正規雇用労働者には待遇悪化の危険性が

〇正規雇用労働者は最悪リストラされるかもしれない。

〇すでに取り入れている企業もあり、NTTやキリンホールディングなど具体的に対応している。

〇会社の危機であり、V字回復のチャンスかもしれない。

〇正規雇用労働者は、会社倒産やリストラについても対策を考えておく

私は、同一労働同一賃金という言葉はその名の通りだと思っていましたが、自分には関係のない物だと思っていました。

しかし調べれば調べるほど、今後の自分に大きく関わり人生を左右するものだと理解しました。

正規雇用労働者がどうなるか、また会社がどう変わっていくか、様々なパターンを想像し、自分が生き残る準備をしていきます。

まずは副業から始めませんか?簡単な仕事でお金を稼げるランサーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です