誰でも出来る!早く仕事から帰るためにする2つのこと

ほとんどなかったことになっているプレミアムフライデー。

ノー残業デーも、電気を消してサービス残業している企業もあるそうですが、皆さまの企業はいかがでしょうか?

うちの会社はシフト制なので、ノー残業デーは全く関係ありません。

仕事は好きですが、早く帰って家族と過ごしたり、ブログを書いたり、本を読んだりしたいので、極力残業時間は減らしたいです。

企業として会社のトップや政府が色々打ち出すことも大事ですが、

私たちサラリーマンも早く帰るためにやるべきことがたくさんあります。

同じ時間で生産性の高い仕事を行い、他のことに時間を使えるようにするため、私が思う2つの工夫を紹介します。

1、スケジュールを立てる

過去記事にも書きましたが、スケジュールを整理する必要があります。

仕事は『仕事』と『作業』で分けてやろう

2018年7月1日

デッドラインの整理

いつまでに何をやるべき。今やるべきかどうかの整理が必要です。

緊急性の高いものをすぐに行い、期限がある程度あるものは時間があるときに進めます。

その作業何分かかる

ある程度ルーティンワークで決まっているものは何分かかるか調べてみましょう。

何分かかるかわかれば、スケジュールの何分空いているからこれをやろうと出来ます。

移動時間も仕事する、PC前は作業だけ

移動時間は考える時間です。PCの前に立ったら資料の作成をするだけにしましょう。

もちろん本を読んだり、寝たりして休むことは良いですが、ゲームや漫画に時間を使わないようにしましょう。

2、コミュニケーションはLINE

無駄な会議は本当に無駄です。

ゼロにすることは難しくても極力短くします。例えば、

・議題、資料はすでに確認している

・会議の時間を決める

・立ったまま会議する

それを前提とするためにも連絡事項は常にLINEで取り合えば話し合う時間が少なく済みます。

3、年上に合わせていたら、一生早く帰れない

以上2つの事、

・スケジュールを立てる

・コミュニケーションはLINE

をすれば、圧倒的に時間効率は上がります。

ですが、それをやっても帰れない場合があります。

それは上司です。

上司が残って仕事する、急に仕事を振ってくる、コミュニケーションは直接取るような人では、

こちらの意図が全く伝わりません。

残念ながらこんな上司に付き合っていたら一生早く帰ることが出来ないです。

だから、こんな上司はほっとくしかありません。

あなたがこの上司に気に入られ、会社で出世を希望するならこの上司ととことん接する必要がありますが、

仕事をきちんとするなら無駄な時間はなくすべきです。

その空いた時間で自分の勉強や休息に使えば、仕事で生産性が高まるはずです。

勇気を持って「お疲れさまでした」と言い、自分の時間を有効に使いましょう。

勇気が持てないという方はこの本を読んでみてください。

一般会社員の著者が自分のやりたいことに時間を使うため、さらっと帰ることを実践しています。

生産性の高い仕事をして、自分の時間を有効に使えるようお互い頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です