お部屋自慢

今週のお題「お部屋自慢」について。

2つあります!

①本が多い

f:id:kwk05e3048:20180527001230j:image

漫画もありますが、

ビジネス書100冊、小説50冊など、約150冊ぐらいあります。

昨年は100冊ビジネス書関連を読み、

今年も42冊読んでいます。

読書は新しい知識をくれるし、

著者の考えを濃く写しているので、

とても面白いです!

②メモ書きが異常に多い

↓読んでからメモ書き始めました。

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

マンガでわかる! マッキンゼー式ロジカルシンキング (まんがでわかるシリーズ)

内容は、イベント企画の会社で働く桃子が、

成長していくストーリーです。

どうやって成長していくかといえば、

1分間のメモ書きです

f:id:kwk05e3048:20180527001249j:image

おそらく1000枚ぐらいはありますね。

テーマを決めて、

とにかく思い付くことをアウトプットします。

例えば、

『なぜ自分が仕事でミスが多いのか?』とか。

それに思い付くことを列挙し、

・慌てているから

・上司に確認せず行なっているから

・マニュアルがないから

など、とにかく思い付く事をまず書きます。

そして、さらに

『なぜ自分は仕事で慌ててしまうのか』

と深掘りしていくことで、

原因がわかり、それに対して解決策を考える事が出来ます。

もう一つはこちらを読んでから。

著者はマッキンゼー式ロジカルシンキングと同じ、赤羽雄二さんです。

これは、本を読んでから何を学び、

これからどうするかを決めるための、

メモ書き(チャレンジシート)をするものです。

こんな形です↓

f:id:kwk05e3048:20180527001331j:image

赤字で見づらいかもしれませんが、

本を読んで、この行為をしてから少しは纏められるようになりましたし、

『この本を読んで、これからどうしますか?どうなっていきたいですか!』で行動の指針を決めなくてはいけないから、オススメです。

私はブログで書評を書いていますので、

概要はメモ書き、

詳細はブログ、

という形でアウトプットするようにしています。

改めて見たら、

約2年半ぐらいはこれをやり続けているので、

メモ書きをしなくても、

ある程度自分の考えがまとまるようになりました。

難しい問題だけ、メモ書きするようにしていますが、

論理的思考の勉強になりますね。

そんな私のお部屋自慢でした。