妻へラブレターを書いてみたら、今までのことが振り返られて良かった

アクセスありがとうございます。

昨日、今週のお題『あの人へのラブレター』で、妻へ書いてみました。

妻へラブレターを書いてみた。顔から火が出るほど恥ずかしいとはこういうことか。

2018年5月19日

様々な事を回想して、

色んな思いが出て来たので、まとめてみました。

①過去を振り返られる

②今の当たり前が、当たり前じゃなかったことに気づける

③これからの幸せに意欲が湧く

一つずつ解説します。

①過去を振り返られる

未来を見る事の方が大事ですが、やって来たことは必ず財産になります。

それがたとえ失敗だとしても。

妻との馴れ初めを思い出したり、

出かけたことや、喧嘩したことなど、

一つひとつ振り返りました。

自分にとって強い思い出は、

喧嘩した時や上手くいかなかった時に、どんな事をしてきたか

です。

昨日の記事では叱られた事を思い出しましたが、

話し合い、相手を尊重しながら自分の考えを伝えることは、今の結婚生活でも活きています。

妻の家族は共働きだったので、

夫婦ともに家事をするのが当たり前でした。

私の家族は、

私が小学生に上がる頃、父が単身赴任だったので、母が家のことは全てやっていました。

その記事はこちら↓

おかあさん

2018年5月12日

私を含めた兄弟も全然手伝っていなかったので、(今では本当に申し訳ないと思います)

全く家事が出来ませんでした。

お互いの家庭の考えを話し、

私は一人暮らしをしたこともあり、

ある程度の家事が出来るようになり、

結婚後も(妻には全く及ばないですが)しています。

②今の当たり前が当たり前じゃなかったことに気づける

そんな過去を振り返り、

過去の出来事の積み重ねで今があることに気づけました。

だから疲れていて「あれやってない」「これやってない」という時も、

『疲れているなら自分がやれば良い』と思い行動しています。

妻もそう思っているから、私がグダグダしている時も何も言わずに色々やってくれます。

③これからの幸せに意欲が湧く

というか今充分に幸せで、

この幸せが続くかが心配です。

これから色んな節目があり、変化する事が多々ある中で、自分がいかに家族を大事に過ごせるか。

そのためには、

・家族との時間

・余裕が出来るお金

・ストレスを溜めない仕事

が必要で、

それを達成するために日々あれやこれやと頑張ろうと強く思います。

達成するためにやっていることは、

また記事に書きます。

とりあえずやろうとしていることはこちら↓

満員電車の中でも勉強出来ること

2018年5月16日

皆様もこの機会に、大切な人はラブレターを書いてみてください。

6/7追記
この記事が、
6/6『hatenablog今週のお題振り返り』で紹介されました。
ありがとうございます!
今週のお題振り返り!はてなブロガーの「おかあさん」「あの人へラブレター」「お部屋自慢」 – 週刊はてなブログ